2016年5月6日金曜日

三輪清浄(2)



(前回から続く)

3.三輪清浄のチェックポイント

三輪清浄についてある回答者が、インターネット上である質問に答えて、こう指摘していました。

「布施は単なる寄付行為ではないのですね。正しい布施(三輪清浄の布施)は天の蔵に徳が積まれることになりますが、そうでない布施は単なる寄付にしかならないということですね。生きている間はわからないことですから難しい問題ですし、悪い意味でそこに付け込む隙もありますね。」

確かにその通りだと思います。悪い意味でそこに付け込む隙があると思います。

K教団の信者の方々は、布施をしてすがすがしい気持ちになり、心が軽くなり、悟りが上がっている実感がありますでしょうか。
布施した時は興奮していてそう思うかもしれませんね。

でも布施をしたのち、はたしてどれぐらいの期間清々しい心を保てているのでしょうか?
時間の経過とともに変質してくる思いであれば、三輪清浄ではなかったということです

布施をすればするほど、名誉欲が増したり、恐怖心が増大したり、人と比較して苦しむ心で一杯になったり、みじめになったりすることはなかったでしょうか。布施が三輪清浄であれば、そんなことは起きないはずです。

布施をした時、さらにそれを後に思い出した時に、自らの心が正直に感じていることを味わってほしいと思います。そうすれば本物の三輪清浄の布施か、それとも真っ赤な偽物か、真実が判定できるからです。

4.後悔しないために

K教団では特に一千万円以上の高額の御布施をした方は、植福菩薩という称号をもらいます。
本当に菩薩の心になられているのでしょうか?
謙虚に自らを振り返って、本当に菩薩の境地に達していると思いますか?
客観的に見て、その方は本当に菩薩の境地におられるのでしょうか?

特にいつまでも植福菩薩であることを誇りに思い、記憶していることは、実は三輪清浄に反しているので注意が必要です
いつまでも覚えている布施は、仏教では三輪清浄とみなされません。

大般涅槃経に、「布施をした人、布施を受けた人、施した物、その三つを瞬時にお互いが忘れることが最上の布施である」と説かれています。
その心は、こういうことです。
「施しても施したという思いを起こさず、ことをなしてもなしたという思いを起こさない。ただ、それが賢いことであり、正しいことだからするのである。それは、母親が一枚の着物を愛するわが子に与えても、与えたという心を起こさず、病む子を看護しても、看護したという思いを起こさないのと同じである。」(大般涅槃経)

ですので、植福菩薩になったことが長く記憶され、自分を特別視する思いが出たり、周りも特別視を助長する行為をなすならば、三輪清浄とは言えません。

布施をして一時はよろこびに興奮していても、三輪清浄がなければ、あとで必ず後悔が出てきます。

施物であるお金が、ご主人に内緒で貯金や保険をひきだしていたものであるなら、施物の汚れにより、内心の後ろめたさに苦しむこととなります。
受者である教祖や教団が欲望でお金集めをしていた姿が見えてくると、大切なお金を無駄なことに使ってしまった後悔にさいなまれることになります。

そうした苦しみ、後悔のない、布施したことも忘れるすがすがしい布施こそが、三輪清浄なのです。


人生を後悔をしないためにも、三輪清浄の精神について、深く思いを致し、振り返っていただきたいと思います。そして三輪清浄に反した布施は、強要されても決してしないことが大切だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿