2015年11月18日水曜日

(投稿)退会して初めて気がついたこと



(紹介)

KKを退会したいという方は、数多くいらっしゃいます。面倒なことが嫌だから退会手続きはとっていないだけという方は、さらに多いと思います。退会するとどんな変化が身の回りに起きるのかが理解できると、退会は増えざるをえないと思います。
実際に退会した方が、社会とのつながりの中で何を感じているのか。ある退会者の方が投稿してくださいましたので、ご紹介します。

(投稿)退会して初めて気がついたこと


KKを退会したことを人に話して感じるのは、思った以上に一様にみんなが喜んでくれることです。

仕事関係の友人とは、信仰の問題で溝が出来たままになっていました。
彼は「KKには心がない」と批判していて、私は「そんなことはない、広大無辺の心の教えなのだ。」と、反発していたのです。
しかし、退会したことを私が打ち明けると、彼は批判めいたことは一切私に云わず、ただ微笑みながら頷いてくれ、最後にお互い握手を交わしました。
学生時代の友人もまた、「ほら、やっぱり俺の云った通りだったでしょ!」と嬉しそうに云い、終始機嫌よく語り合いました。
ある知人などは、「それはよかったですね!」「組織の中に入ってしまうと、回りの事が見えなくなってしまいますものね!」と、私が意外に感じる程嬉しそうに云ってくれました。
このように、信者時代の私は「人々を救済しなければ」と思って活動していたのに、多くの方々が私のことを心配していたのです。
KK
を退会したことで、私は沢山の人達との関係を修復することが出来ました。

ただ、「やめてしまわれたのですか?」と、少し残念そうに云った方も一人だけいました。
私は「何故だろう?」と思ってお話を聞くと、その方の親友で20年以上前に亡くなられた方が、初期の頃のKKの講義にしばしば参加していて、「とてもいいお話が聞ける勉強会なんですよ」と、その方に話していたそうです。
つまりその方は、亡くなった親友のお人柄と、まだ「宗教化」「ノルマ主義化」される以前のKKのイメージを重ねて、「良き思い出」としてずっと心の中に抱き続けていたのです。
その話を伺ったとき、私も思わず「夢と希望に満ち溢れていた当時の自分」を思い出し、うら淋しい気持ちになりました。

しかしほとんどの友人知人が、これ程までに本心では私の信仰、伝道を疎んじていたことを知り、私は自分の認識と現実のギャップにショックを受けました。

「ああ、なんて自分は一人よがりだったのだろう。
人々はとっくに裁定を下していたのだ。
人類のほとんどが、ECが至高神だなどとは信じていない。
世の中の99%以上の人々から信じてもらえず、共感もされずに、『EC文明』も『ユートピア』も実現するはずなどなかったのだ。
私達はとっくに『仲間作り』に失敗していて、KKは世の人々にとって過去のものになっていた。
それなのに私達信者だけが、相も変わらぬ一本調子で突き進もうとしていたのだ。
観客のいない劇場の舞台で、役者達だけで盛り上がる、それが私達の現実の姿だったのだ。」

私は思い知りました。
1000万人伝道」だとか「全人類伝道」などと云っていた為に、相手の顔が見えなくなっていたのです。
私達は支部の「ノルマ達成」や「菩薩顕彰」にばかりこだわって、相手の気持ちを理解しようとする努力が足りませんでした。
だから、人々が私達の訪問を拒否するようになっていったのも、当然のことでした。
さらに悪いことに、普通ならば相手の険しい表情を見れば、「自分の言動に何らかの非があった」と察して気遣うものですが、そういう当たり前の配慮が欠けていた為に、修復不可能なほど人間関係が悪くなることもありました。


振り返ってみると、私の活動によって救われた人など、誰もいなかったことに気付きます。
私達が本当にするべきだったのは、目の前にいる一人に対して、全身全霊で向き合い、相手が幸福を見つけるお手伝いをさせて頂くことだったのです。
「組織」や「数字」よりも「人間そのもの」を大切にしていたならば、今頃は日本中に幸せなKK信者が溢れていたかもしれません。(匿名)

2015年11月2日月曜日

改定版(特別投稿)対幸福の科学「いわゆる植福」返還請求に込められた思い




幸福の科学法身室様のご指摘をいただいて、必要な修正を加えたうえで(特別投稿)「対幸福の科学『いわゆる植福』返還請求に込められた思い」の改訂版を再び掲載します。さらに内容が充実した内容になったことを、幸福の科学法務室様に感謝します。

対幸福の科学「いわゆる植福」返還請求に込められた思い

納骨壇入園料や永代供養の申込金の返還を求めて、第2陣の返還請求訴訟が、遅くとも年内には始まる見込みです。これは第1陣の4名の女性たちによる勝訴判決をうけて、その人数・規模を数倍にした納骨壇申込金・永代供養料などの返還請求訴訟となる模様です。

松本憲男弁護士の元には、最高裁判所の審査した裁判官が全員一致で幸福の科学側の上告受申立ての受理の棄却を「決定」して以来、ぞくぞくと訴訟希望者が集まりつつあるといいます。

今回の投稿者は、その原告側のお一人です。どのような思いを持った方が訴訟希望者に加わっていらっしゃるのか、その方たちの思いの一端を知っていただきたくて、投稿を掲載させていただきます。

激しい表現が随所に見られる文章であり、従来のブログのスタンスとは若干異なる面もありますが、返還請求をされている人の思いを尊重して、この方の意見を掲載させていただきます。

「今の思いを書き綴りました。ぜひ、活かしていただければと思います。」という、このブログに寄せられてきた投稿者の気持ちを感じ取っていただければ幸いです。(種村)


(投稿)返還請求を求める元信者の思い

永代供養や納骨壇入園料の返還請求は、地方裁判所、高等裁判所における裁判を経て、そのすべて、もしくは大部分を返還するようにとの「判決」が出ています。最高裁判所も、これを不服とした幸福の科学側の上告棄却を「決定」しています。

それにもかかわらず、幸福の科学は、まだ裁判を続けようとしているようです。

信者である顧問弁護士らも、法的に考えて、自分たちが敗訴することが分かっているのではないでしょうか。

しかし、信者としての立場でしか行動することしか出来ない、弁護士としてはもちろん、失格であると思いますし、信仰を持っている(としている)人間としても、愚かとしか言えません。

大川総裁には、一貫としての信念はなく、衆生救済の愛の教えを説きながら、元信者に対する愛はない。私にはそうとしか思えません。

なぜなら、大川総裁や職員たちには、幸福の科学流の、人類救済のための、立派な教義の知識があるにもかかわらず、信仰をなくし、追い詰められた私たちの思いを理解しようとする態度や、自らの過ちを認めようとする反省の色がまったくないからです。

元夫人であるKさんは、自ら、被害者の立場で裁判を戦ったのでしょうが、そうした過程で得たお金は、そもそも信者からの布施であることへの罪悪感や、これまで教団を率いてきた立場としての謝罪が一切ない、というのはどういうことでしょうか。

おまけに、退転していく人々の気持ちに寄り添おうとはせずに、身勝手に別の活動を続けている。厳しい言い方をしましたが、私にはそう思えて仕方がありません。

幸福の科学は、支部や精舎にも、過剰なノルマが与えられ、私から見ると(私自身、総合本部でもそう言ってきましたが)ブラック企業そのものでしかありません。

職員に、ノルマを押し付ける。
職員は、信者に要求する。
信者は、信仰心を利用され、ただお金を差し出すしかない。

この団体は、お金しか頭にないのです。

なぜならば、この法治国家で、裁判所で判決が出ているのにもかかわらず、それすらも真摯に受け止め、理解しようとしないのですから。

あの世が真実の世界であり、物質に執着したところで何の意味もないというのならば、その言葉通りの態度を示すべきです。

私たちがただ、お金欲しさに返還請求訴訟を起こそうとしていると思っているのでしょうか。

自らの過ちを認め、謝罪して欲しい。

少なくとも、私自身は、その思いから発した行動です。

幸福の科学という言葉通りに、人々を幸福に導かなければならない。

そうした団体にならなければならない。

導けないということを、信者だけの責任にする、その姿勢に怒りを覚えるのです。

選挙に大敗し、幸福の科学に悪評が立つのは、総裁自らの信念の弱さを、世間に見透かされているからではないでしょうか。

信者にならない人々の責任ですか? 

世の中がおかしいせい? 

子どもを5人も産んだ元妻を、悪魔にしていく態度に、弱さが見えているではないですか。

その母親から生まれた子どもたちの心の痛みを、どう感じているのでしょうか。

子どもと一緒になって、元妻を悪魔にしていく。

子どもたちも、団体から役職をもらい、救済活動しているのでしょう? 

創造主であると語る存在が行うことが、こんなことなのかと、少しでも疑問を持たないのでしょうか。

「そんなことは、大したことではない。
世界を救う。
宇宙を救う。
そのための犠牲は、致し方ない。」

そんなもの、言い訳でしかありません。

大川氏は、自らの教えを、吐いた言葉のその責任を、一切取ろうとはしない。

すべて、信者のせいで終わらせてしまう。

愚かでしかない団体、勇気のない職員、主がこう言っているから、そうなのだとしか考えない、何も、自らで考えない愚者は、愛も知も反省も発展も、何も分からない。

信仰しているとする、幸福の科学の教義でさえも裏切っていることに、なぜ気づかないのでしょうか。

私は、これからも訴え続けます。(匿名様)

(種村のコメント)

私は元夫人は十分に苦しまれて、また離婚を要求されて教団から多大のバッシングを受けたという事実そのもので、教祖と教団の体質をあぶりだした面があるので、それだけでも大きなことであると思い、あまり厳しいことを申し上げるのは控えてきました。私も信者時代に「悪妻封印祈願」のバッシングに加わったという反省を込めてのことです。それに何といっても今は、教団を離れている一私人です。

しかし、数多くの元信者の方がたは、この教団は教祖とともに元夫人が率いてこられたという思いをもっておられ、元夫人にも苦しんでいる元信者への何らかの謝罪やそのための具体的な行動を求めたいという気持ちが、根深くあることを知っております。ですので、そうした声を伝えることも意味があるのではないかと思い、掲載をさせていただきました。

投稿で厳しい言葉を教祖や元夫人、職員や弁護士の方々に投げかけていらっしゃるのは、それだけ傷ついている、その傷の深いところからの叫びであると感じております。それは「あなたがたは本当に信者・元信者たちを愛してくださっていたのですか。それとも単に利用しただけなのですか」という叫びです。そこにある心の痛みを感じ取っていただきたいと、切に祈るものです。

なお返還請求訴訟を一人で戦い抜かれた松本憲男弁護士は、返還請求訴訟の弁護をしてくださっているのみならず、幸福の科学からの圧力に対しても、親身になってくださいます。本当に信頼できる先生ですので、幸福の科学からの圧力で困っている方や、返還請求をされたい方は、是非、松本弁護士にまでご相談ください。(種村)

松本弁護士の連絡先(松本法律事務所)は、下記の通りです。


所在地

東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル5501

TEL

03-5466-0045

松本法律事務所のホームページはこちらです。

http://www.matsumoto-lawoffice.jp/index.html


<関連記事>
① http://tanemura1956.blogspot.jp/2015/10/blog-post_10.html
② http://tanemura1956.blogspot.jp/2015/11/blog-post.html
③ http://tanemura1956.blogspot.jp/2015/11/blog-post_1.html
④ http://tanemura1956.blogspot.jp/2015/11/blog-post_43.html



幸福の科学法務室「通知書」の見解への疑問・・・「対価性」



(この原稿は1031日のブログの続編です。前回のブログは再度精査して文面を修正した改訂版になっています。内容が一部変更されていますので、是非ご確認ください。アクセスはこちらへ。
http://tanemura1956.blogspot.jp/2015_10_01_archive.html )


(前回から続く)

最後に、一点だけ申し上げておきたいと思います。対価性の問題です。

国税庁のホームページにはこう書かれています。

<「対価を得て行う」とは、物品の販売などをして反対給付を受けることをいいます。すなわち反対給付として対価を受け取る取引をいいます。したがって、寄附金や補助金などは、一般的には対価性がありませんので、課税の対象とはなりません。また、無償の取引や宝くじの賞金なども原則として課税の対象になりません。>

またあるところには、

<対価性とは、『反対給付・見返り』のことである。この反対給付がない代表的なものが、寄付金である。これはお金を出す方がお金をやるだけで、その見返りを求めない。見返りがないのだ。高校野球の甲子園への出場に対する寄付金等が代表的なものである。>

と書いてありました。私たちの平均的な理解とそうずれないと思います。

 そうすると、納骨壇申込金には、果たして対価性がないのでしょうか。ある人は120万円、ある人は250万円、もっと高額で数百万円もの納骨壇申込金を支払って、納骨壇を使用する権利を獲得した人もいます。金額の差は御仏に近いところ程、高額になっています。これでも対価性がないと、本当にいえるのでしょうか。法律の素人の私には、どうしても理解できません。

 また、永代供養も対価性が本当にないのでしょうか。対価性がないものがどうして100万円とかの金額を提示され、それを支払うことではじめて永代供養を受けることができるのでしょうか。私には疑問です。

次に掲載するのは、かつて本ブログでも紹介したことがある東京高裁の判決文の一部です。

「原審は、上記イの本件永代供養契約について解除を認め、永代供養料相当額の不当利得返還 及びこれに対する解除日の翌日である平成25220から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の請求を認容し、上記ウの本件納骨壇使用契約についても解除を認め、申込金の9割相当額の不当利得返還 及びこれに対する解除の効力発生日の翌日である平成25520から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の請求を認容」

 私はこれを読んで、「永代供養契約」とか「納骨壇使用契約」という言葉を見たときに、お金を支払って民法上の契約を教団と信者が交わしていたということにしか読み取れませんでした。

 従って、幸福の科学は、永代供養申込料や納骨壇使用料についても布施・植福と同様に対価性がないとの主張は、上記の判例によって、完全に退けられたと解するのが一般的だと思います。

 即ち、この判決は、「永代供養契約」の解除や「納骨壇使用契約」の解除を認めているのであり、それに伴って前者は全額を、後者は90%の返金と、遅延損害金をそれぞれ原告に支払うように命じています。つまり、永代供養申込料や納骨壇使用料についても「対価性のない布施・植福であり、一切返還できない」と言ってきた幸福の科学側の主張が完全に退けられているのです。


 そうした意味を込めて、私はこの記事のタイトルで「いわゆる植福」返還請求訴訟」という表現を使いました。これは決していたずらに幸福の科学を誹謗中傷するための表現ではありません。

それにしても幸福の科学が高裁判決を不服だとして最高裁に上告(法律上に上告受理の申立てというそうです)を申立てたのに対し、最高裁はそれを認めなかったことは、紛れもない事実だと思います。私をはじめとして一般の人達もそのように理解すると思います。

しかし、幸福の科学法務室様は、それを判決ではなく決定である、最高裁の判例が出ておらず間違いだとわざわざご指摘下さいました。

ただ私としては、このようなことで法律に素人である私に対し、指摘してくることは何か心が狭いように感じてなりません。(続く)

2015年11月1日日曜日

幸福の科学「通知書」騒動の反響



(紹介)

本ブログへの幸福の科学法務室「通知書」を巡る騒動は、読者の方からさまざまな反響をいただきました。既にその一つは、紹介させていただきましたが、こうした声は決してそれにとどまるものではありません。このブログに寄せられた読者の「声」、また問題となった「特別投稿」者の声を紹介させていただきます。

1.(読者の声)「K会は末期症状に突入です」

ブログ見ました。ビックリですね。

K会は、ブログをきっちりチェック入れているのですね。

しかし、小さいことをゴタゴタといいますね。

決定が出ているのですから、他の裁判でも同様になっていくと思います。

次の裁判が見ものですね。

それで、同様の結果がでれば、ほぼ判例ですよね。

そもそも商品価値、対価性のあるものを、嘘をついて、宗教の教えを利用して、布施といってお金を巻き上げているのですから、詐欺のようなものですよ。

それなら、最初から商品として、商取引するべきですよね。誰も買いませんが。

しかし、小さいことを一々言ってくる所は、種村さんのことが余程、怖いのでしょうね。

種村さんへの賛同者が多大ですから。

K会への疑問アンチブログによりK会のベールがはがされる種村ブログを熟読脱会種村氏による直接カウンセリングや種村ブログによる洗脳解除へ気づいた内容を種村ブログへ投稿各人が脱会誘導へ向う、当該布施返還訴訟へ(ここまでは現実に起っている)今後、大きいもの、土地返還等の裁判勃発?

さすが、これは怖いでしょうね。

(私の場合は、疑問~種村ブログを熟読し、種村氏に連絡、面談して頂いて後、脱会し、その後、何故脱会したか、反省した点、K会の誤りに気づいた点、苦みから脱却した経緯等を現信者や脱会者の洗脳解除の為に必死で投稿する)

K会は末期症状に突入です。

やはり、種村ブログは最重要ブログです。


2.(「特別投稿」者の声)元信者に対する「信仰者としての愛」を問いたい

幸福の科学は、種村さんのブログを逐一チェックしているのですね。

それだけ、影響力があるということを、改めて、今回の騒ぎで知らされました。


ただ、私が最も訴えたかった、元信者に対する、信仰者としての愛はないのか
という部分には、何の反応もなかったというところから、幸福の科学の真実の姿を表していると、痛切に、そう思います。

(投稿)自ら墓穴をほる人々・・・種村氏への幸福の科学の通知が教えること


(読者からの投稿)

1.種村氏のブログの影響を恐れている「巨大(?)宗教団体」

今回の幸福の科学側からの種村氏への通知を知って、笑ってしまいました。

それは公称1400万人の信者がいるとしている巨大宗教団体にしては、その行いが小さいなあということです。

それは、種村氏のブログの影響を恐れていることに他ならないのでしょう。

東京都全人口と同じような信者いる団体なら、退会する信者がいても不思議ではないですね。
しかし、本当は、そんなに信者がいないから、焦っているのでしょうね。退会者が増えているから種村氏のブログに対して警戒しているし、怯えているのでしょう。

幸福の科学に対して好意を持っていないと分かるブログは沢山ありますが、このような形で動いてきたのはやや日刊カルト新聞と種村氏のブログだけでしょうね。


2.大川の致命的な欠陥

そして、おそらくは大川隆法も種村氏を恐れているのでしょう。

大川がいくらイタコ芸をやっても、それで感動する信者の質は相当に低いでしょうから、今後も彼らから信じてもらえると思いますが、真理を探究したいと真に願っている人たちには、あんなイタコ芸を見聞きしても東スポを見ているような感じであると思います。

心が豊かになり、成長になるような話は、ここのところ聞いたことがありません。

さらに教祖の行いが信者でないものから見えれば実にいかがわしいことばかりです。

教祖の心境がその行いに出ていますから、これではレベルの高い心を持った人々が受け入れるわけがありません。

そんなことが分からないのですから相当に幼稚になっているということが分かります。
著名人の名前を勝手に使ってイタコ芸をして人々が尊崇すると思っていることの幼稚さには呆れるばかりです。

「自分の考えを自分の名前で語ることが出来ない」この致命的な欠陥が大川にはあります。

イエスや釈尊が他人の名前を使って教えを説き続けたでしょうか?

そんなことは無かったと思います。ですから大宇宙の根本神と自称してカモフラージュをしておかないと、彼の行うイタコ芸が皮相浅薄なものであるかが簡単に理解されてしまうことになるでしょうね。

あのイタコ芸の内容を使って伝道しろとか言っているとしたら、それは自殺行為に等しいでしょう。さらに危機感をあおって信者を動かそうとする手法もワンパターンですね。教祖である大川が完成された存在としたら、こんなことしか出来ない完成度を持っているということになります。

彼が自らの活動の質の低さに全く気が付いていないところが哀れであると思います。
その結果として、信者が退会し、納骨壇も解約したいという心境になるのです。

結局は自ら招いたことであるということです

いくら種村氏が吠えたとしても、教祖である大川が真に立派な存在であれば、退会者は生まれず、むしろ信者が増えることになるでしょう。

でも今回の幸福の科学側からの通知があった事実から考えるに、種村氏の咆哮が、教祖である大川を遥かに上まわっているということなのでしょう。

また、こんなことに手を貸している弁護士がいると思いますが、何の因果かは知りませんが気の毒なものですね。

生活を維持するために、こんなイタコ芸団体の弁護士をするなんて、全転生の中で最大-最高-最強-最悪の汚点でしょう。

現在も仕事をしていても良心が痛んでいることでしょうし、それすら感じられない心境になっておられることでしょうね。

心からお悔やみ申し上げる次第です。


3.納骨壇のお金の返還希望者は確実に増えている

今回の幸福の科学側の言い分をみて、さらに可笑しいのは納骨壇のお金の返還希望者が前回より確実に増えているということです。

前回は確か4人だったと思いますが、今回の返還請求者を含めると合計で20名ぐらいになるのでしょう。そして、それらの方には知り合いがいる筈ですから、その方たちが知人である信者に声をかければ40人、80人、160人、320人と次第に増えて行くはずです。それを恐れているのでしょうね。

でも可笑しいですよ。教祖がまともであれば、そんなこと気にしなく良いのですから。

これだけ気にしているということは、幸福の科学側も教祖である大川がおかしいと認識しているということになるのではと、容易に推察することが出来ますから。

だから可笑しいのです。ですから笑えてしまうのです。

今回、種村氏が幸福の科学側からの通知に紳士的に対応されている姿を拝見すると大川との違いが、この行いにおいても明らかになりました。

墓穴を掘ってしまう体質が大川を含め、その影響を受けた教団関係者及びその弁護士に体質が感染していることも分かってしまいました。


大川とその一味が今後もどんどん墓穴を掘って自らを埋葬されますよう心から祈っております。