2014年5月31日土曜日

差別観の克服(2)・・・K会の心のシミをとる③―2


(前回から続く)
4.激しいアップダウンで心が大揺れ

 
ORの差別観に支配された私は、K会での立場の変化によって激しく上下する感情を味わいました。これはほとんどの幹部職員や古くからの熱烈信者が経験していると思います。

まずK会で高く評価され、「〇〇菩薩」と認定されたり講師資格が上がったると、周りから賞賛され尊敬されるので、しらずしらずのうちにプライドが高くなります。私は法名をもらったり、講師資格や役職で優遇されていたころは、半ば無意識的にこう考えていました。

「自分は偉大な光の菩薩であり、この世においてのみうならず、あの世に還ってからもエル・カンターレのそば近くで人類を指導する立場に立つはずだ。イエスの弟子や釈迦弟子の時代よりももっと大きな敬愛の念を全世界の人類から与えられるようになるにちがいない。魂の本体である私は過去のどの転生よりも偉大な成功をおさめつつある。私の霊格は上がり、人類の歴史にも名を留めるだろう。」
ところがK会での評価が大きく下がったり、法名や資格が剥奪され、還俗した途端、一気にプライドはしぼみうつ状態になりました。

「自分は魂の本体にもかかわらず、今世は失敗してしまった。大幅に霊格が落ちた。法友も冷たい目で見るし、私に悪魔が入ったと言って警戒する。ほとんど誰も近づこうとしないし、助けてもくれない。この人生は生きているだけで苦しみだ。何のために生きているのだろう。」

そう考えて苦しみました。今思えば妄想に過ぎませんが、還俗した当時の私には、自分が人生の意味のほとんどを失った負け犬に見えました。それでも信仰にしがみついていましたが、その時にこう考えていました。

「エル・カンターレ信仰をもたない一般人とくらべると、私はエル・カンターレを信じている。OR先生は、エル・カンターレ信仰をもってあの世に還ることができれば、それだけで人生の成功であると説かれた。私はル・カンターレ信仰を持っており、エル・カンターレを信じない一般人とは明らかに違うすぐれた魂なのだ。最後まで信仰を手放さないで人生を全うしよう。」
 今にして思うと、まさに異常としかいいようのない妄想を信念として抱いていました。私は信者であった間はORが説いた価値観に添って、自分の立場や人の立場を測り、自分の気持ちが高揚したり落ち込んだり、人を尊敬したり見下げたりしてきました。表面にはっきり出さなくても、心の中でそういう思いにとらわれていたのです。

だから「お前は上から目線だ。それをやめないと人は離れていく」と生前の母親から忠告されたことがありました。しかし私はORに完全に洗脳されていたので、いったい自分の何が悪いのかわりませんでした。

 
5.過てるプライドを生む価値観

 K会の信者は、まずエル・カンターレを信じるか否かで大きく人間を線引きします。信じる人は天国に招かれたのであり、会員であるというだけで「今まで信者はすべて天国に還り、地獄に堕ちた人は一人もいない」というORの言葉を信じて、安心します。そして「エル・カンターレの本体が地上に生まれた時代に、ORの弟子となり、活動を支えることができた自分は、選ばれた人であり、一般人とは比較にならない価値がある」と信じ込みます。

その為に、自分が社会的に失敗していたとしても、信者であるというだけでプライドを保つことができます。それも単なるプライドではなく、精神的な優越性を確信するのです。自分がK会に中で貶められ、冷たくあしらわれ、下位に追いやられても、この「優越性」を握りしめることでプライドを保とうとします。そしてK会にしがみつくのです。

 しかし、かろうじてその一点でプライドを維持してはいるものの、エル・カンターレからの距離が以前よりはるかに離れてしまったということで、落ち込みます。そして何とか上昇しようとしてK会の中で活動したり、教学や布施に励みます。在家自体の私の熱心な活動の奥には、そうした動機がありました。

  それでは、K会の信者であることをやめ、アンチの立場に立ったら、このような価値観から一挙に解放されたかというと、残念ながらそうではありませんでした。何故かというと、この価値観は受験社会にその根を持っているからです。

実は受験社会の価値観を、あの世にまで拡大したのが、ORの平等観と差別感です。だから、受験の競争社会に生きる我々には非常に受け入れやすいし、K会の信仰を捨ててもなおその痕跡が残ってしまうのです。
(次回に続く)

 
心理学専用ブログ「希望のブログ」へのアクセスは、こちらからお願いします。
 http://tanemura2013.blogspot.jp/

2014年5月30日金曜日

差別観の克服(1)・・・K会の心のシミをとる③―1



1.上から目線をもたらす価値観

 私は自分の中のORに洗脳された価値観を払しょくする努力を継続しておりますが、意外に根深いものがあるのを感じています。それは、もともと自分のなかにORの価値観を受け入れる素地があるからです。その一つとして、最近再度ORの洗脳として自覚した「差別観」について報告させていただきます。

 
13年間教団の発足当初からの幹部職員だった私が、還俗当初もっとも人から嫌がられたのは、上から目線で人を見ることでした。上から目線が無意識に出ると、周囲に反感を買い友達ができません。やがて所属する職場や共同体から排除され孤独になることもありました。

 私が観察するところでは、K会に長くいればいるほど、在家でも役職が上になればなるほど、職員であればなおさら、無意識に「上から目線」になる傾向が強いようです。それはK会で教わる価値観と密接に関係していると思います。この価値観に修正を加えない限り、「上から目線」の傾向性はなかなか消えません。相当克服したつもりでも、何かのきっかけで顔をのぞかせることがあります。

 そこで「上から目線」の背景にあるORの価値観を考えたいと思います。

  ORの教えでは、宇宙は二つの原理で統べられています。それは進歩の原理と調和の原理です。この二つの原理を調和させて、この惑星で最大のユートピアをつくるために「法」が説かれるとされます。

 進歩の原理と調和の原理は、差別観、平等観という言葉でも言い表せます。人間は等しく仏性を宿しており、ダイヤモンドの原石であるというのが平等観です。しかし、その磨き方によって輝きが異なるというのは差別観です。

 ORは「何人もチャンスは平等にある。しかし、努力の結果において差異・差別ができる。この差別は努力の結果によるものであり尊重されねばならない。」と教えています。

 

2.縁起と差別観

 努力によって成果が異なるというのは縁起の考え方ですそれはあの世にも働きます。差別観は縁起の思想に裏付けられていて、心を磨き悟りを高め、人々のために貢献する成果を実績として出した者は、高級霊として評価され、次元の高い世界に還り、そうできなかったものは低い世界に還る。特に心の透明感を失って真っ黒になったものは地獄に堕ちて反省しなければならない。そう教えます。

 ORの次元構造論はこの「差別観」によって成立しています。それになじんだ人から見ると、どこにも疑問の余地がない真理と見えます。私もかつてはそう信じていました。

 
3.平等観と愛が消えてゆくことへの警告

 しかし、初期の霊言集では幾人もの霊人が、ORの思想では差別観のみが強調されることになって平等観が消えていくので危険であるという警告がなされていました。平等観が消えていく結果として愛が消えていくのです。

愛は人間神の子・自他一体という「平等観」に起源をもっています。平等観はすべての人は根源なる神の分霊であり、価値的に等しく尊い存在である。すべての人は根源の神において一つにつながっている。ゆえに「互いに愛え」と教えます。あらゆる人が根源なる神の顕現であるから、人は存在そのものが尊いという思想が平等観です。そこからは尊敬の念を含んだ愛の気持ちが芽生え、礼節を伴った愛が生まれます。

 しかし、ORは平等観としてダイヤモンドの原石であることを強調するので、磨いた程度に応じてしか尊さが出ない存在という見方をメインに持ってきます。その結果、悟った人と悟らない人は尊さが違うとなります。K会では最初から論文試験の点数の高さが悟りの高さと認定されましたので、点数が高いものは一躍注目と尊敬を受けました。

この傾向は組織が拡大すると、エル・カンターレの近くにいる人と遠くにいる人では尊さが違うとして、講師資格や役職によって差別視するようになりました。出世競争が始まりました。またエル・カンターレ信仰が強調されるにつれて、人は存在それ自体が尊いのではなく、エル・カンターレをどれだけ信仰しているか、エル・カンターレにどれだけ愛されているかによって立場が異なるのだと、そう考えるようになりました。

 私はORのそば近くにいる時は、他の職員や信者から尊敬と愛を与えられましたが、ひとたび左遷されると、急にほとんどの職員は冷たくなりました。ましてや還俗させられたら、180度応対が変わりました。ぞっとするほど冷たい目で、魔がついているのではないかという恐怖心で見られるようになり、誰も近くによってこなくなったのです。幹部職員ほど私を露骨に避けました。

そういう姿を見た職員は、自分が同じ目に合うことを恐れて、ますますORの方針に忠実になり、ORに評価してもらえるように必死で忠誠を尽くします。在家信者も光の菩薩になりたいという一心で、お金も時間も労力もつぎ込みます。光の菩薩と認定されれば、あの世でエル・カンターレのそば近くに行くことができ、全人類から尊敬と愛を捧げられる立場につくことができると教えられているからです。

 ORの価値観を推し進めると、平等観が消えて差別観だけで人を見るようになり、その結果愛が死ぬ、という初期の一部の高級霊の警告は、的中しています。。

(次回に続く)
 
心理学専用ブログ「希望のブログ」へのアクセスは、こちらからお願いします。
 http://tanemura2013.blogspot.jp/


2014年5月19日月曜日

(投稿)「売り場からORの本を撤去させました」

 

(コメント)

 読者の方から投稿をいただきました。北東北に本社がある地元大手スーパーに並んでいたORの書籍を撤去させたという内容です。こうした地道な働きかけが、カルトの害悪から地域を守っていくのだと思います。投稿者に心から敬意を表します。

(投稿)

 はじめまして、私は、クリスチャンですが、私が所属する教会の牧師さんが、カルト宗教問題に取り組んでおられることから、貴ブログを拝見させていただいておりました。
 
 先日、北東北に本社がある地元大手スーパーの書籍コーナーに、宗教関係では、幸福の科学 大川隆法の図書だけが置かれていました。
 
 貴ブログを始めいくつかのブログを拝見して、幸福の科学は、反対する一般人対して法外な金額の訴訟を乱発する問題がある教団であると思っています。

  このような問題のある教団の本だけを、不特定多数の一般人が多数集まるスーパーに置くことはどうかと思い、このスーパー本社に電話で問い合わせをしてみました。

  本社の担当者は、「店舗の書籍コーナーは、関東地区の書籍卸売会社に管理を一任している。自社は関知していない」というものでした。

  本社が店舗に陳列している商品に対して関知していないというのも、おかしな話だと思いましたが、その書籍卸売会社の東北地区担当支店に電話しました。

  私は、「不特定多数の、色々な信仰を持った人々が多数集まるスーパーで、幸福の科学という問題がある教団の本だけを取り扱うというのはどうなのだろうか」と尋ねてみました。
 
 電話に出た支店長だという人の話では、「幸福の科学の本は、大手書籍流通会社のランキングでも上位だったので、売上が上がると思い、それで取り扱った。」とのことでした。

  これもおかしな話です。調べたところ、その時置かれていた幸福の科学 大川隆法の本は、大手書籍流通会社のランキング・ベストテン圏外でした。しかも、幸福の科学の本だけを取り扱うなんて。
 
 売上が上がると言うならば、全世界に数十億人の信者がいるキリスト教関係の本や日本神道、伝統仏教教団の本を置いたほうが、売れるのではないでしょうか。

  幸福の科学 大川隆法の本を手に取ってみましたが、その内容はどうかな?というものでした。キリスト教や日本神道、伝統仏教教団関係から出されている本の方が、ずっと心を打つものだと思いました。

  そこで、再度、この北東北での大手スーパーの本社に電話して、この点を指摘したところ、「特定の宗教団体の本は、置かないことに決定した。各店舗には既に通知している。」とのことでした。
 
 数日してから、このスーパーのある店舗に買い物に行ったら、まだしっかり店頭に置いてありました。それも、最前列の目立つ所に、相当数の本が。
 
 あきれて、本社とこの店舗に電話しところ、「本社からの指示があって、撤去した」との回答だったので、「〇〇店には、まだ置いてあります。今すぐ確認してほしい」と言ったら、その担当者は、「まだありました。すぐ撤去します。」との返答でした。

  それから、数日して、その店舗に買い物に行った時には、さすがに置いてはありませんでした。しかし、この北東北に本社がある地元大手スーパーの店舗や商品管理にはあきれるものがありますね。

  私は、貴ブログを拝見して、幸福の科学は、問題がある教団だと思っています。このような教団の本を店頭に出すことは、これも問題だと思っています。

  ブログ読者のみなさんも、このような機会がありましたら、ぜひ「正義の声」を挙げて

いただきたいと思っています。

  貴ブログの今後のご発展をお祈り申し上げます。失礼いたしました。

 

 

2014年5月16日金曜日

週刊文春の記事に関する東京高裁の判決について


幸福の科学の私への訴えは全て棄却されています


 
週刊文春の記事に関する東京高裁の判決を巡り、読者から私への批判的なご意見もいただいております。またご心配くださっている方も数多くいらっしゃいますので、東京高裁の判決文にある私に関する記載を下記に掲載させていただきます。これを読めば明らかですが、東京高裁は私に対する幸福の科学の名誉棄損の訴えを棄却しています。

 

 東京高等裁判所の判決文中

「第3 当裁判所の判断 1-(4)」

が該当箇所です。ここに全文を紹介します。

なお、本文中の(注)は、読者の便宜のために私が補足しました。

 

「被控訴人種村が本件記事の作成に当たって本件雑誌編集者らに情報を提供した行為は不法行為構成するか(争点2)

 被控訴人種村は、被控訴人会社(注:株式会社文藝春秋)に対し、本件記載1,2に係る事実について大川に手紙(甲13)を出した経緯や同手紙の内容に関する説明をするなどして情報提供し、また、本件記事に自らの顔写真と実名を掲載することを了承するなどして、本件記事が本件雑誌に掲載される過程で重要な役割を果たしたことが認められる(甲1、乙1、被控訴人種村本人)。

 しかしながら、本件雑誌に本件記事を掲載すること自体、被控訴人会社がその自由な意思に基づいて決定したことであるし、本件記事の内容も、被控訴人種村に対する取材結果だけに基づくものではなく、被控訴人会社が、他の関係者への取材や資料の収集等を通じて得た情報に基づいて、被控訴人会社自身の判断に基づいて決定したものであり(甲1、弁論の全趣旨)、被控訴人種村が、本件記事の掲載を自ら求めたり、その内容について積極的に指示したことも認められない

 以上によれば、被控訴人種村が被控訴人会社に情報提供した行為と、その後に本件記事が掲載された本件雑誌が発行されたこととの間には、相当因果関係を認めることができない。

 

 以上のような理由により、判決の「主文」で「控訴人宗教法人幸福の科学のその余の請求を棄却する」として、私への訴えも棄却したのです。

 

 なお、この判決文を読むと「第1 当事者の求めた裁判 1-(4)」に次のような記載があります。

「なお、控訴人幸福の科学は、上記(2)の支払(注:27000万円の損害賠償)のほかに、原審においては被控訴人種村に対して1500万円及びこれに対する平成2487日から支払済みまで年5分の割合による金員の支払を求めていたところ、原審はこの請求を破棄し、控訴人幸福の科学は、当審においては、この部分を不服申し立ての範囲に含めなかった。」

 

またこの東京高等裁判所の判決文には、山田美星氏が私を名誉毀損で訴えたことへの判決も書かれています(判決主文、及び「第3当裁判所の判断1-(6)本件各陳述書の記載は、被控訴人山田の名誉を毀損するものか(争点3)」)。
これについては下記のブログで東京高裁の判決文を紹介している通りです。


この判決は、山田美星氏等の幸福の科学側からの上告がなく、確定しています。

 

 以上明らかなように、幸福の科学側が私を名誉棄損で訴えた請求は、すべて棄却されています。これが事実です。

 

なお、この事実を直接確認されたい方は、東京高等裁判所にて、
「平成25年(ネ)第5477号 損害賠償等請求控訴事件」
の判決文を閲覧してください。
この判決は平成26319日に言渡されています。

2014年5月2日金曜日

恐怖を植え付ける大川隆法の手口から逃れよう!(2)



「ORの呪い」を解く……還俗と洗脳②
 
(前回から続く)

還俗して早死にする元職員

私をはじめ還俗した初期の職員の多くは、還俗の過程で魂に深刻なショックを与えられ、意識を変質させられています。

すでに亡くなられた元事務局長のAさんも、最初の被害者の一人であったと思います。Aさんは、実直でおおよそ金銭欲や権勢欲、名誉欲とは無関係のお人柄でした。唯一の欠点といえば、あまりにも堅物すぎて周囲の人が窮屈に感じることと、細かな理屈にこだわりすぎることぐらいだったと思います。それはまじめすぎるお人柄ゆえのことでした。

その真面目な方が、「Aさんの守護霊が自分を教団で祀(まつ)れと要求してきた。もっと給料をあげろと言ってきた」「ものすごく自分が偉くなっている」「何も仕事をしていない」と総裁からさんざん言われました。この真面目で実直な方が、還俗の過程で「仏陀にご迷惑をおかけした」と信じ込まされ、深い罪悪感とそれにともなう自己否定の感情を強烈に植え付けられたと思います。その激しい自己否定の思いが、癌となり命を縮めたのではないかと思います。Aさんが、コンサルタントの仕事でクライアントの信仰指導をすることによって仏陀への贖罪とともに自分のアイデンティティを維持しようと懸命に努力されていたお姿を思うと、それはとても痛々しく哀しいお姿に映ります。

元理事長のBさんも同様だったと思います。私は還俗後にBさんと交流が再開しました。そしてBさんが、職員時代の終わりごろに癌を患ったり、また還俗前には1年間の自宅謹慎という、他に例を見ない重い処分を受けておられたことを知りました。Bさんは1996年に秘書局長をされていた時に、ORとの関係で深刻な悩みを持った女性秘書を逃がしたことがあったので、そういうむごい目に合われたのでしょう。

Bさんは医師としても極めて優れた方でしたし、人格者で多くの職員や信者に慕われていました。そのBさんが、還俗後にお会いした時には、深い心の傷を負っておられました。ORからは、「あなたは唯物論だ。ありとあらゆる煩悩を全部持っている」と言われていたようです。それでBさんは「私は宗教によっては救われない。だから心の傷を癒してくれるヒーラーを探している」とおっしゃっていました。

Bさんと私は2000年の春から夏にかけてお互いに心を浄化したくてよく話しあいましたが、夏以降は別々になりました。そして秋には突然死されたと聞きました。一緒だった時は体は健康そうでしたが、精神的な苦しみから健康状態が急変されたのではないかと感じました。仏陀と信じたORから、還俗の過程で罪悪感を持たされ自己否定をさせる「呪いの言葉」を掛けられていたのは、私と同様だったと思います。それは毒素となり、私よりももっと深くBさんの心を蝕(むしば)んでいたに違いありません。それが尾を引いての急死であったと思えてなりません。

 

弟子をつぶしていくOR

 ORはそれまで尽くしてきた有力な弟子たちを、最後は精神的にボロボロにして、還俗させるときには決して刃向かわないように魂を破壊する巧妙な洗脳、つまり魂の破壊工作を仕掛けます。それが「守護霊」問題の真相だと思います。つまり「あなたの守護霊はこう言ってきた」という言葉は、若い女性に対してはその女性を自分の個人的な欲求に従わせ操るために使い、男性に対しては深い罪悪感を持たせて意のままに操るために使います。また還俗させたい幹部に、この手口で罪悪感を持たせて自ら退職するように仕向けます。この罪悪感の植え付けによって、還俗後も反抗させないで家畜化し続けることができます

その結果、還俗した職員は乖離性障害を患い自分の感情を感じられないロボットのようにさせられます。しかもORから押し付けられた自己否定の感情、罪悪感は、その人の心に埋めこまれた「毒素」「呪い」となって人格を破壊し続け、それが肉体の死期を早めることすらあるのです。私は自分自身の心理を分析し、またごく身近な職員の方を見てそう確信しています。

<コメント>(私自身、その後数年間は非常に強い自殺念慮に苦しみました。生きている意味が見いだせなくなり、自殺したいという思いがひっきりなしに湧き上がってくるのです。その思いはあまりにも強烈で、よく生きてこれたと思います。これがORの呪いによるものだとは、その時はまったく気がつきませんでした。)

私は「ORの呪い」を受けていたことを、自分の心理分析を通してはっきりと理解できました。それが感情の希薄化、ひいては人間としての当たり前の幸福感の喪失へとつながっていたことも理解できました。

ORの呪い」がかかっていると、人は自分自身の心の問題と向き合えなくなります。それは自分の感情に向き合うのが怖いために、無意識的に逃げてしまうためです。その結果、ORから埋め込まれた呪い(=毒素)に気がつかないまま、呪い(=毒素)の影響を受け続けて、やがて自分自身と周囲を害していきます。これが恐ろしいところです。それをまず見抜くことが、呪いから解放される第一歩です。

 

恐怖による支配と巧妙な洗脳テクニック

 ORは初期の職員を還俗させた後、もう一つの手を打ちました。それは残った職員に宿泊研修を受けさせ、そこで還俗した職員の問題点や批判を徹底的に教え込み、初期の職員の影響力が消えるようにさせたのです。実際に、私への職員の対応は、還俗して間もなく一気に冷たくよそよそしいものになりました。

初期にどれほど評価され貢献しても、還俗したらすべての名誉が奪われ、教団から批判され抹殺されるのであれば、残った職員はORの意向に絶対に逆らえなくなります。そして、自己保身によって職員の地位を守ろうとするに決まっています。こうして職員は自己保存の心が強烈になり自己保身を第一に考えるようになります。こうしてORの意向に逆らったり抵抗を示す職員はいなくなり、恐怖による支配が完成したと思います。

 こんな話をある元職員がしてくれました。ORが、ある理事経験者を退職させようとして、「このまま職員でいても二度とかつてのような役職には戻れないよ」と、本人に言ったそうです。その人はしぶとく退職を拒否して粘りました。それは還俗したらあとで教団から何を言われるか分からないからです。その人はついに退職したのですが、退職の条件として、退職発表の時に自分を教団が顕彰して名誉を与えるセレモニーをするように要求し、それが認められたそうです。退職時にそれまでの功績を教団に顕彰させることで、還俗後も自分の名誉を守り抜いたわけです。これは職員が、還俗後に手のひらを返したように教団から批判されることを、どれほど怖れているかを雄弁に物語っています。

 ORは、残った幹部職員に対しては、自分の意向に従わせるために「あなたの守護霊がこう言ってきた。守護霊を何とかしなさい」と言って脅します。その職員は罪悪感でがんじがらめになり、どんな理不尽な命令でも聞くロボットとなっていきます

共産主義国家は権力による恐怖政治とイデオロギーで人間を洗脳しました。ORは地位・名誉・金銭などの賞罰と教義に加えて、「守護霊がこう言ってきた」とほのめかすことで、相手の潜在意識までをも支配していきます。これは非常に深い洗脳であり、職員は還俗した後もその後遺症に長く苦しむことになるのです。

 

これが仏陀であるはずがない

 このように弟子の人格を破壊し、人生を奪う宗教指導者が、仏陀であるはずがありません。

皆、ORを仏陀だと信じたから洗脳され、後遺症に苦しむのです。しかし、1020年と出家修行をして、最後に悪魔に憑りつかれて還俗する弟子が続出するとしたら、その指導者は果たして仏陀を名のる資格があるでしょうか。ありません。そこまで弟子の人格を破壊し、呪いの言葉を与えて操ろうとする宗教指導者は、現在の心理学用語でいえばサイコパスです。宗教的に表現すれば「人間の皮を被った〇〇」もしくは「殺魂者」です。

 職員も元職員も、自分に掛けられた「ORの呪い」を理解し、巧妙な洗脳のテクニックを正確に見抜かないと、この呪いから解き放たれることは困難です。アンチの人であっても、埋め込まれていたORの呪いが作動し、ORの毒が自分自身や周囲の人を害し始めるのです。しかし、それを見抜くことができさえすれ、この「ORの呪い」は消えるしかありません。

 この私の経験が、ORの洗脳とその後遺症で苦しむ人の一助となることを願ってやみません。


心理学の専用ブログ(希望のブログ)はこちらです。
 
    http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/04/blog-post_4.html
連絡先:種村トランスパーソナル研究所
心理カウンセラー・種村修
電話:090-8051-8198