2014年3月31日月曜日

(投稿)脱会者からのメッセージ・・・K会にもはや光の磁場は存在せず 


ある幹部の破門から始まった疑問、そして私は自ら脱会  


脱会のきっかけ

OR氏は、弟子が必死で実践、反省し悟りへ向おうとするのを支援できませんでした。それどころか、霊道の禁止を出していました。

これは、仏陀の非証明です。

年数が経るにつれ、信者が霊力を持つのを恐れたと思います。偽者であると見破られますから。

種村さんの破門報告を支部に張り出していましたが、それを見たときに私は、種村さんへの妬みの心を霊的に感じ取りました。その時に、悟りや霊的な力を有する人が邪魔なんだ、と痛切に感じ取りました。

そして、支部長に破門はおかしいのではないですか?と聞いてみたのです。

すると回答は、

 
  部長:「許されていない修法(祈願で行なうもの)を、信者を集めて行なって

いた」

  私  :「その修法ができるのは、凄いことではないのですか。普通の人で

はできないのですよ」

  支部長:「先生の指導のないところで、行なうのは不完全で信者を危険にさら

している」

  私  :「実際に見たのですか(経験したのですか)」

  支部長:「信者が先生の修法を行なうのは許可されていません」

 

  部長:「ミニ教祖化しようとしていた」

  私 :「あの人はそのようなことはしませんよ。ただ悪霊の憑依から救って

いただけでしょう。」

  支部長:「これは、周囲多数の信者からの告発です。これは事実です。」

  私   :「本人に確認したのですか」

  支部長:「それ以上の具体的な事は、私には報告されていません。」

 

  部長:「既に悪魔に入られている」

  私 :「ORの一番弟子ですよ。私は大阪で講義講演を聞きましたが、明らか

に霊道を開いて説法していました。 その時に悪魔には入られては無か

ったですよ(もしそうなら悟って間がないときの方が入られやすい)。

 ですから、それは考えにくいのですが。」

  支部長:「週刊誌で批判していたでしょう。」

  私   :「事実をブログ等で調べてみます。」

  支部長:「魔に入られるから絶対に見てはいけません。とにかくこの件は、無

視して忘れて下さい。私もそれ以上の詳細は解らないのですから。」

  私   :「解りました。以降、もうこの話は致しません。」

  私の心の中:「魔に入られる? だって、支部も精舎も今や魔だらけではないか。

私も支部長も時折、魔にのたうちまわっているではないか。今更、魔

に入られるから危険も何も無いでしょう。」

というようなものでした。

 
しかし、私はその時の張り出しの回覧から妬みの心が見えましたし、何故か腑に落ちなかったのです。

それから、絶対に見てはいけないといわれたアンチや種村さんのブログをあさるように見て行きました。

又、活動をしてきた自分の過去や教祖への振り返り、組織への振り返り、周囲の人への振り返りなど、様々な反省を行なっていきました。

そして、脱会していったのです。
 

チェックポイントは簡単です

K会の悪魔悪霊のいる環境では、人の人格は代わっていきます。元居た支部の方でも過去純粋で素直さがあった方が、他人の悪口を言い、顔つきも変わり、口を開けば剣があり、お決まりの上目線と裁きです。そして、お金集めに走っています。支部長は、顔を合わせればお金の話しばかりで、祈願で修法を行なえば、悪魔波動が飛んでくる。

 
ある支部で、悪霊撃退祈願をしていた時、小悪魔が寄ってきていました。いざ修法を行事ようとしたその時に、本尊の横から光が射してきて信者を護られた高級霊がおられました。

天上界の高級霊で、信者をK会から護っておられる方々が居られます。

信者がそのまま死後に地獄界に赴くのを生きている間に防いでおられるようです。

 
ORの初期の法で、阿羅漢の悟りの段階において、霊道を開くところまでは可能です。しかし、悟りの質は、単に自我我欲を封じ込めるのが中心の教えになっていて、直ぐに限界がきます。

怖いのは、ORの教えで霊道を開くということは、悪魔に入り込まれるということと、ほぼイコールになってしまうのです。

未だに脱会ができないでいる信者は、ORの法の本質を見抜くところまでの法の実践や現実を見つめた反省ができていなのです。だから組織の誘導をいつまでも信じているのです。そんなに難しいものではないのです。
 

要は、この活動をしてきて、幸福になったか否かです。

経済が発展したか否かです。

自分の周囲に人が集まってきたか、離れて行ったか否かです。

自分の心が豊かになっていつも喜びで溢れているか否かです。

人を裁くようになったか、許すようになったか否か。

人の苦しみが自分の苦しみのように感じるか否か。逆に喜びも同様です。

自分を全て、他人も受容できるようになったか否かです。

そして、自分と他人は全て繋がっていて、自他一体であると感じられるようになったか否かです。

それは、自分の愛が大きくなったか否かなのです。

 
私は、脱会した後の方が、愛が大きくなったと自覚しています。会員だった時と違って、かなり優しくなった自分がいます。

 
脱会するかどうかの判断は、簡単なことなのです。

しかし、そのわずかな気づきでさえ否定し、K会に居続けるなら、魂としてのゆく先は悲惨であると、思った方ほうが良いと思われます。

 
そうならないように、天上界は救いの手を今、そこにここに、今日に明日に将来に、差し伸べて下さっています。

今一度、K会を含めて、今までの人生全てを白紙の目で、見て欲しいと思います。

( 天上の神様、信者の方々に、ほんの少しの勇気をお与え下さい。 )

                                     以上
<希望のブログのご案内>
心理学の専用ブログ「希望のブログ」を設けています。

下記からアクセスください。


 


2014年3月28日金曜日

K会の心のシミをとる②-(2)防御法の不足


(前回から続く)

恐怖心の理由

さて、宗教家であるORは、霊的な世界との直接交流を恐怖心をおることで大幅に制限し、止めてきました。何故そんなことをしたのでしょうか。これにはいくつかの理由が考えられます。

まず、K会でOR氏自分が霊界との同通を独占するためです。本格的に霊界と同通できる弟子をつくると、自分の過ちを弟子が知ってしまいます。これを避けたかったのだと思います。また、優れた霊能者が出てきた場合には、OR氏は自分の立場を守るために、きっとその人を教団から排除すると思います。嫉妬と支配欲からそうすると思います。ですから、K会で霊能者になった場合は、それを隠して生きないと、魔女狩りにあう恐れがあります。

また、防御法の不備です。反省法は説いていますが、実効性がなく、防御法になっていないのです。その結果、霊的な防御をOR氏自身ができていません。

それと並行して、防御法の一つの柱である磁場管理もできていません。K会では次第に精舎や支部でも、悪霊の入りたい放題になっていることは、「K会における悪魔体験」という投稿で、霊視のできる元信者の方が生々しい証言をしてくださっています。その通りです。

こうなると、霊界と同通する指導をすると、悪霊悪魔の憑依で人格が変わる信者が続出していき、社会的な不適格を起こしてしまします。だから、怖くて止めざるを得なかったということではないでしょうか。

 

心の浄化と磁場づくり

 ところで、有効な「防御法の王道」は、心の浄化磁場づくりです。両方ともそれは日々のものです。

心の浄化のためには、最初に正しい呼吸法(アナパーナ・サチ)とそれに基づく瞑想法の実践がとても重要です。それによって心を調和させ安定させてから、自分の心を振り返り反省するために、深層潜在意識や普遍的潜在意識との対話が有効です。自我を超えた立場から自分を振り返るのです。夢の分析も非常に有効です。これらの継続が心の浄化をもたらします。

 また磁場づくりは、毎日の丁寧な掃除から始まりますが、段階の応じてそれ以外にもさまざまな工夫があります。

 もう一つ、心の浄化に含まれますが、「執着の発見」が必要です。数字へのこだわりは、OR氏の意識と同質なので、しばしばOR氏の生霊を呼び込みます。仕事でも、どのようにして人々のお役に立っていくか、どのように人々に喜んでいただくか、そこに中心を置いて生きていかないと、危険です。数字を考える時間は必要ですが、四六時中考えていると、OR氏の生霊の憑依を受けやすくなります。ですから、数字を考える時間は、制限するべきです。愛の心で本当にいいものを提供し続けることができれば、必ず人は気が付くものです。数字に一喜一憂して心を動かされないようにしなければなりません。

 

読書の問題

 読書をしてもいいのですが、潜在意識との交流を進めるためには、読書の際に同時に自分自身を見詰める時間をとることが必要です。知識のみの増大は、人格の成長には意味がありません。また霊界との同通を妨げます。OR氏は知識の集積にとらわれています。その影響を受けると、知ることが悟ることだと勘違いをしてしまいます。

中国の禅宗の高僧である香厳和尚が、ある段階で書物を捨てた理由は、紙に書かれた悟りは自分のものにはならないことを痛感したからです。実践における悟りがなければ、何の役にも立たないのです。

ゆえに必ずしも多くを知る必要はありません。しかし深く知る必要はあるのです。「学んで何を本当に得ることができたのか。いかに己を知り、人の心を知ることにつながったのか。」それを問いかけながら、読書する必要があります。これはOR氏のシミを取り除くために必要です。

 

 以上、霊界との同通を恐れる心と、防御法の不足という問題を明らかにしました。勇気を持って、正しいやり方で安全に潜在意識と対話し、心の傷を癒し、個性の輝く生き方を見出してほしいと思います。



 <希望のブログのご案内>

心理学専用に「希望のブログ」があります。アクセスはこちらから。

<連絡先>種村修
      電話 090-8051-8198
     メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

 

2014年3月27日木曜日

K会の心のシミをとる②-(1)霊界と同通することへの恐怖心


心のシミを自覚する

私は30歳の頃から約25年間、OR氏の影響の中に人生を歩んでまいりました。私はOR氏を目指すべき仏陀でありエル・カンターレと信じたために、信仰の対象であるOR氏と一体化することを目標にして四半世紀を生きてきました。そのために、OR氏の思想や思考形態が自分の意識の一部となり「シミ」となって、文字通り心に染みついています。

その過ちを自覚して、一つ一つを丁寧にとり去らない以上は、OR氏の生霊や彼の深層潜在意識(魂の兄弟)の憑依を逃れることはできないことに気がつきました。

憑依を受けると、知らぬ間にOR氏の手足とされてしまうことになります。これは恐るべきことであり、常に警戒を怠らず、なるべく速やかに脱却しなければなりません。

勿論、心に染みついたOR氏のシミ抜きには、非常に手間暇がかかります。ですが、まず「それをやり抜くのだ」という覚悟を固めることなくして、なし得ることではありません。

その上でOR氏から受けた影響を、一つ一つ検証して、それを捨て去り、新しい考え方を身につけていかねばなりません。前回は慢心を取り上げました。今回は「霊的な世界へ同通することへの恐怖心」と、「無防備」もしくは「防御の不足」の二つを検討して、修正したいと思います。

 
霊的な世界へ同通することへの恐怖心

OR氏は霊的な世界観を説きながら、霊的な世界に同通することに対して、常に恐怖心をあおってきました。初期には「霊道を開く」、後に「霊界と同通する」という言い方をしていますが、いったん霊道を開くととじることができないので、ほとんどが悪魔や悪霊のとりことなり廃人になる、と脅します。

ゆえにK会では、霊的な世界への興味関心が強い割には、普通の人間が霊界と同通することに対して非常に懐疑的で、むしろ否定的です。「OR氏しか霊界と同通しても正気を保てない」と考えているからです。

最近は弟子の中にも積極的に霊界と同通する者を作り指導を始めているようなので、若干の事情が変わったかもしれませんが、基本は変わりません。

私も最初期の頃から学んできましたが、やはり霊界と同通することをできるだけ避けようとしてきました。知識的な学習をすればするほど霊道を開くのが遅くなると聞いて、知識的な勉強に全力をあげました。それほど恐怖心を持っていたのです。

このことはOR氏がお釈迦様の再誕をうたってきたことと、明らかに矛盾しています。お釈迦様は弟子に正しい呼吸法と、四諦八正道を教え、数多く霊界と同通できる弟子を育てました。阿羅漢五百人というのは、基本的には霊界との同通ができた弟子です。しかも、ダイバダッタなどごく一部の弟子を除くと悪霊や悪魔に憑依されて狂うということはありませんでした。お釈迦様の教えとその実践で、霊道を開いた弟子は守られていたのです

OR氏の過去世がダイバダッタであれば、霊道を開くことを恐れるのは理解できます。しかし、お釈迦様の生まれ変わりである方が、霊道を開くことへの恐怖を説くというのは、あまりにも矛盾しています。ありえないことです。

ですから、「霊界に同通することへの恐怖心」を、まず見直すべきです。

 

新しい生き方としての潜在意識との交流

霊的な世界との交流は、普遍的潜在意識との交流に他ならず、これは人類の新しい生き方そのものですその先駆けの立場に、私たちは置かれています。

私は心理療法に取り組み出してから、霊的な世界との交流が、普遍的潜在意識(深層潜在意識を含む)との交流という形で、誰でも安全に比較的短期間で行えることを発見しました。そして「防御法」さえきちんとしておけば、それは安全であることも知りました。同時に「防御法」は、OR氏の教えでは全く足りないことを知りました。

さらに学んでいくと、心理学者や精神科医の有名な方には、霊能者や霊的世界の体験者が少なくないことを知りました。ユングはその代表格ですが、精神物理学を創始したグスタフ・フェヒナー博士は、太陽を観察して失明してから霊能者になりました。死にゆく人へのカウンセリングの大家キュブラー・ロス博士もありとあらゆる霊的体験をした方でした。レイモンド・ムーディー博士は臨死体験の権威ですが、死者との出会いのできる装置を開発し、実用化しています。至高体験を説いたマズロー博士の衣鉢を継いだダイヤー博士も、霊的世界に対して目が開いている方です。ブライアン・ワイス博士は過去世療法を教えています。アサジョーリ博士も霊的な世界との交流を前提としたセラピーの方法を説いています。カール・ロジャーズ博士も、晩年は先に亡くなった奥様の魂と対話したり、霊的世界への認識を深めました。

潜在意識を扱う心理学と霊界とは、実に深いつながりがあります。特に、個人的潜在意識の奥にある普遍的潜在意識や深層潜在意識の世界は、宗教的には霊界とか過去世の意識とよばれるものの集合体です。

そして、心理療法においては深層潜在意識にある心の傷を癒したり、深層潜在意識と対話して生き方を模索することは、ごく普通に行えることです。治療的にも大変有効です。

パールズ博士の開発したゲシュタルト療法を行ってみると、ごく普通に潜在意識との交流が生じます。日本で開発されたロールレタリングも、実践すると潜在意識との交流となります。絵画療法や夢分析も、やり方によっては安全な潜在意識との交流が可能です。しっかりと防御法を知っていれば安全に行えるのです。

ところがそれをK会の職員の目には、とても危険で、それを進めると廃人になるように見えるようです。これは彼らがOR氏に洗脳され、恐怖心を植え付けられていると同時に、正しい防御法を知らない証拠です。正しい霊界との同通はK会の独占物のように勘違いしていますが、実際は彼らは邪霊に支配され、完全にたぶらかされいる状態だと思います。だから、OR氏の過去世認定もコロコロ変わるのです。
さらに、私はK会の部外で生じる霊的な現象への彼らの恐怖心には、魔女狩り的な情念がこめられているのを肌で感じています。これは警戒し、監視するべきであると思います。(次回に続く)


 <希望のブログのご案内>

心理学専用に「希望のブログ」があります。アクセスはこちらから。


<連絡先>種村修
      電話 090-8051-8198
     メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

2014年3月18日火曜日

K会の心のシミをとる①…慢心


心のシミをとるために

 

悪質なカルトであるK会と教祖OR氏とは、物理的のみならず、精神的にも霊的に完全に決別することが必要です。


しかし、完全に精神的、霊的に縁を切るということは、並々ならぬ決意と努力が必要だと感じています。

特に私のように、教祖の側近の幹部だったものは、教祖の教えを学び、その意を汲むことに長い年月をかけてきてしまいました。間違った思考や物の見方は心に染みついております。

その染まった汚れを取り去り漂泊するには、まず教祖から受けた「心のシミ」をひとつひとつ自覚していかなくてはなりません。気が付くことで「浄化」も可能になるからです。気が付かなければ、汚れは残ったままです。

そのシミが霊的にOR氏の生霊や、K会の悪い波動を知らず知らずに呼び込んでしまいます。類は友を呼ぶからです。教祖の生霊が思考の同質性の部分をついて、入り込んできます。

私は、K会の教祖からつけられた心のシミを発見して、それを取り去る作業を今なお継続中です。私が気づいたことを、元信者の方や退会を考えている方のお役に立つことを願って、公表させていただきます。書いた内容は、私自身の反省に基づいております。

 
慢心という心の病
 
教祖は神仏への礼節のない方だと思います。そのためにK会にながくいると、神仏への礼節が欠けてきます。

OR氏は自分がいかなる神々や仏より偉いと思って慢心しています。弟子は、天上界の序列は、OR氏への距離の近さで決まると思っています。ですから、側近であればあるほど、ほとんどの如来菩薩や神々より偉いはずだと無意識的に思っていきます。こうして「慢心」していくのです

ですから、慢心という「心のシミ」を取り除くには、自分の小ささを自覚して、謙虚に、礼節をもって、身を低くして神仏に首を垂れる姿勢が必要だと思います。特に心の首(こうべ)を垂れることが、何よりも大切です。

祈願や祈りでも、謙虚に頭を低くしてお願いしなければ、神仏のご加護はないものと思い、意識して謙虚さを取り戻す必要があります。

いかに悟ろうとも、煩悩のこの肉体を持ちながら人生を生きるものと、純粋に神仏のみ手足となって働かれる天上界の神仏の立場というものは、明らかに隔絶しております。そのことを一瞬たりとも忘れないことが大切だと思います。

そして常に神仏への感謝の祈りと参拝を肝に銘じなければならないと戒めております。これが人間としてのあるべき姿であると思います。

 K会にながく身を置いたものは、自分を「偉い」と錯覚していきます。宇宙の根本仏を自称する教祖の弟子であるだけで、既に偉いと思いあがるのです。その思い上がりにより、万事修行において甘くなり、己の心の浄化において甘くなり、ぞんざいになります。これは慢心して謙虚に修業をしない教祖の影響でもあります。

 
読書の隠れた弊害


 K会の教祖は修行をせずに、本ばかり読んでおります。読書量を誇りますが、これは自己防衛のための知識です。大量の知識で自己防衛しているのです。そこには、自己保身の気持ちが隠れています。

 また教祖の知は「手段としての知」です。ソフトとしての金儲けのための知識を仕込んでいるのです。

さらに己を偉大に見せかけるため、知識を利用しています。

 つまり知の奥に、自己保存(恐怖心)と欲(金銭欲、名誉欲)があります

  ですから、教祖の影響を受けて読書していくと、自己保存欲、金銭欲、名誉欲がどんどんつのっていきます知識を持てばもつほど、臆病で傲慢で鼻持ちならない人間になっていきます。

 慢心を助長する方向に向かっていたり、自己保存の心が読書へと駆り立てている時、OR氏と同類になっているという自覚が必要だと思います。

  大量の読書を勧めることは、よいことだと思われます。ゆえにその影に気がつきにくいものです。それがOR氏の手口です。一聴すると良いことを言いますが、その基本にはOR氏の心の闇が必ず入っていることに気が付くことが、心のK会の影響を、心のシミを取る必要条件になると思います。

 
<姉妹ブログのご案内>

心理学専用に「希望のブログ」があります。アクセスはこちらから。

<連絡先>種村修
      電話 090-8051-8198
     メールアドレス:tanemura1956@gmail.com