2014年6月29日日曜日

(投稿)渡辺淳一の霊言を読んで


(紹介)最近、大川隆法著『「失楽園」のその後 痴の虚人 渡辺淳一直伝』を読んだ感想を送りますということで、投稿をいただきました。あまりにも手を広げすぎたのでしょう。渡辺淳一氏を読みこんだ読者が読むと、内容の浅薄さが目につくようです。(種村)
 

のあまりにも希薄すぎる内容

 

(投稿)

私は2005年に脱会してから、家中の大川隆法氏の本を処分してしまい、もう全然読んでいませんでした。

渡辺淳一が、霊言を下しているというので、9年ぶりに、大川隆法氏の霊言本を読んでみたのですが、

正直いって、3分の2でやめてしまいたいほど、くだらなかったです。

 

というのは、私は高校時代、渡辺淳一が好きで、当時出ていた本は全冊読んだ記憶があるからなのです。

 

私には、この本が大川氏の創作に見えてならない直観でした。

詳しく読み込んで、分析しようという気にもならない一冊でした。

 

瀬戸内寂聴とともに、「血の池地獄」の住人にしたてあげたい意図が見えるような気がするか らです。

 

書いてある渡辺淳一氏の発言は、馬鹿みたいなことをいっており、渡辺淳一、こんなに頭が馬鹿だとは思えないのになあと思います。

 

従って、色々な意見はありません。

大川隆法氏が、一方的に渡辺淳一氏を血の池地獄の住人と決めつけ、それにあわせたような

発言を出しているという印象でしかありませんでした。

 

みなさん、この本はばかばかしいので、買う必要性はありません。

全国の渡辺ファンは、「実際に渡辺淳一が書いた作品」を読めばいいのであって、

大川版渡辺淳一の霊言を、真に受ける必要はどこにもないと思います。


<お知らせ>
姉妹ブログの希望のブログでは、人格障害についての連載を始めました。
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html

0 件のコメント:

コメントを投稿