2013年10月17日木曜日

(投稿)K会と思慧することへの恐怖


思慧と洗脳と信仰と

 

結論への誘導



 私がK会を離れてしばらくたちます。時折、自分にとってK会とは何だったのか、ということを考えることがあります。今思うと、K会の活動を通して、自分の心の中に数多くの闇をつくってしまったように感じます。特に、信仰の裏に「思慧することに対する恐怖」を持ってしまったということが、私自身にとって最もマイナスなことでした。
 K会も、はじめの頃は、教典や思想を糧に、思慧を深めていく中で「悟り」を追求していくというスタイルでした。それはそれで大変に素晴らしいことであったと思っています。
 
 しかし、時がたつにつれ、「悟り」を求めるスタイルから、「植福と伝道」に重点がおかれるにつれ、「思慧」に対する重要性は薄れていってしまいました。

   もちろん、K会では「思慧」自体は否定されている訳ではないでしょう。形上は、「植福」と「伝道」を通じて「悟り」を深めていくということであるのでしょうから。問題なのは、最終的に「植福」と「伝道」に結びつけていくために「思慧」を深めていく、というところにあると思います。まず「結論ありき」なのです。セミナーや講演会に参加しても、結局のところ、「植福」と「伝道」の推進へと結びついていきます。「思慧」を深めた結果、自分なりに一定の方向性を持った結論に達するのではなく、ある一定の方向(植福と伝道)に向かっていくために「思慧」を深めていく、ということでありましょう。K会在籍中に、数多くのセミナーや講演会に参加しましたが、全部が全部、結果的に「植福」と「伝道」へ結びける内容のものでした。

 「植福」や「伝道」が本当に大切なものであるならば、深く「思慧」を続けた結果、自らの悟りが深まっていく中で「植福」や「伝道」の大切さを心から納得し、自ら進んでその実践を行い、その得られた結果について心からの満足感と幸福感に満たされるでしょう。真心からの行為は、必ず人から人へと伝わっていくからです。
  私は、K会に流れに沿った活動をしていくなかで、一抹の不安を感じました。自分なりに「思慧」を深めていけばいくほど、数多くの矛盾にぶつかっていきました。私はそれを、信仰の足りなさゆえに感じるものだと思い、「信仰について深く考えることに対する恐怖」を無意識のうちに持ってしまいました。そして他のK会員と同様、「まず結論ありきの思慧」を深めていきました。深めていったというよりは、自分自身を洗脳していったという言葉が適切かもしれません。決して深くは考えていないのですから。むしろ、反射的に「植福」と「伝道」が大切さを感じる方向に自己洗脳していきました。そして、セミナーや講演会は、その「植福」と「伝道」の大切さを自己確認するための行事でもありました。それで、自分自身は、「やっぱり間違っていなかった。自分にとって大切なものは何なのか。改めて確認することができた。」という満足感と、心の中にわき上がっては必死に押さえつけている「不安」をなだめることができたという安心感に満たされました。
 
3者の目で見る習慣
  しかし、K会の教えにあるように、自分の心に嘘をつき続けることはできません。やはり、自分の心には正直にあるべきだと思い、しばらくの間、K会の活動から身を引くことにし、自分なりの「思慧」を深めていきました。少し時間がかかりましたが、徐々に自分自身を取り戻すとともに、だいぶ「洗脳」に近い状態でいたことに遅まきながら気づくことができました。

 
 私は昔の教学スタイルが身についていたので、自分の頭で考え、心で感じるという「自灯明」的なやりかたを大切にしてきました。ですから、最終的にK会の「洗脳」的なやり方に流されずに済んだと思っています。「どんなときでも己を信じ、己を守ってくれる見えざる存在を信じ、大いなる存在を信じること」これがK会の初期のころに教わったことでした。皮肉なことですが、K会初期のころの教えを愚鈍に貫いてきたことが、自らを救うことになろうとは、と今更ながらに思っています。
  K会に在籍していたときの昔の仲間たちは、私が何か悪いモノに取り憑かれて、道を踏み外してしまったと思っているでしょう。そして私のことを永遠に救われない気の毒な存在と思っていると思います。私も、自分の考えは絶対的に正しいとは思っていません。私の出した結論が正しいかどうかは、さらに時代が下らないとわからないことなのかもしれません。ただ、彼らと唯一違うところは、私は自分の心を常に客観的に、第三者的に見るという努力をし続けてきたということです。自分という視点を極力離れてみないと、正しさというものは、なかなかわかるものではありません。  
  第三者の目で見るという修行方法は、K会の初期の頃の教えにすでにあったものでした。一度は今のような活動スタイルの流れに流されかけましたが、今のK会ではほとんど無視されている「八正道」を主体とした仏教的な修行スタイルを続けてきたことは、決して間違いではなかったと痛切に感じています。人間というものは、自分自身に厳しさを持たないと、どうしても甘き方向、易き方向に流されてしまいます。そしていざというときに、自分の大切な心を守ることができなくなってしまいます。K会の最近の活動の中にも、数多くの「すり替え」を感じます。そうしたことがすでに見えなくなっているということが、K会の意識レベルの低下の表れでもあると感じます。
  今の状況を素直に反省し、初期の頃に立ち返って、一からやり直すという素直な意識さえあれば、K会も再度繁栄の機会もあるかもしれません。K会の初期のころの素晴らしさを知っているだけに、再度原点に立ち返って、人類の幸福のために活動していただきたい。そう切に願います。


2013年10月16日水曜日

依存性人格障害の視点から⑳克服のポイント(1)


自分の人生を取り戻すために


熱烈信者時代

ここでは私がK会への依存から脱却できた心の軌跡を書くことで、依存性人格障害の克服のポイントは何かを考えてみたいと思います。

私は教祖の書籍を読んで感動し、K会に自分から進んで入りました。教祖に招かれ初期から職員となり、間もなく過去世において教祖の高弟であったと告げられました。職員を12年間して還俗となりました。理由は私の守護霊が教祖に待遇改善を要求し、教祖の聖務を妨害したというものです。これが私に告げられた理由でした。私には確認のすべがありませんでしたが、還俗勧告には従わざるを得ません。教祖自身による決定でしたから。

職員を辞めても毎月1万円の植福の会は継続し、『太陽の法』100冊献本や同名の映画の100枚チケットの購入と映画へのお誘い活動をしていました。また会員の方の経営する2つの企業に勤め、そこでの信仰に基づく仕事をしたいと早朝の祈りから仕事をする日々でした。祈願は精舎か支部で毎月行い、信仰を深める努力をしてきました。K会の経典を熱心に読み、読誦し、政治活動には積極的に参加し、また週刊誌からの攻撃には、出版社に直接出向いて反論を行ったりしていました。今から思うと、熱烈すぎる信者であったと思います。

 
疑問の始まり

 最初の疑問は教団の自浄作用のなさを実感したことでした。官僚主義的で自己保身の強い教団幹部の組織運営に対して、在家の人が抗議し改善を求めたことに対して、声をあげた人が在家の役職をはく奪されたり、活動停止になり全世界に張り紙をされる姿を見ました。K会の教えでは教団の行為が正しいかどうかを判定する基準として、その教団が大きく広がってその行為をしたとして、それが適正かどうかで判断する、という基準が教えられていました。教団が国教になったり、世界宗教に広がった場合に、教団の運営の改善を求めて努力した人にこのような処分がされるとすると、その人の社会的な抹殺につながると思われました。これは自浄能力を失った全体主義組織ができていくなと懸念しました。

 これが私が疑問に突き当たった最初でした。

 教えと行動のずれも気になりました。K会の教祖は、本当に教団のためになると良心に照らして確信すれば、たとえ三宝帰依に反すると言われても行動するようにと、当時の新刊書籍『ストロングマインド』で信者に呼びかけていました。しかし、実際にそうする人が出てきた場合は、教団幹部はそれを圧殺し、教祖自らそれを追認することを知りました。教えを実践した人は、教団から迫害にあいました。教祖がそれを容認し、後押ししました。

 教祖や教団の「救済の志」に関しても疑問を持ちました。週刊誌に教祖の批判をした奥様に対して、教団は「永久追放」の処分をしました。「永久追放」とは、教団から見ると絶対にその魂を救わないということの意思の表示です。私は一切衆生救済という教団の大義名分が、単なる見せかけのスローガンに過ぎないことを知りました。教祖が根本仏なら、救済において例外を認める(救わない魂を認定する)ことは、あり得ないことです。

 
教えと教祖への疑問

 教祖が弟子を相手に行った「宇宙人リーディング」は興味深く読みましたが、次第にそこに登場する職員が自己顕示欲を丸出しにして、どれだけ自分が偉いかを競うだけのものになっていることに気づき、心底嫌気がさしました。さらに精舎で公開されていたDVDで、理事会で悪魔に入られて倒れる理事が出て、それに対して教団が教えていた降魔の方法が完全に無力であったことを知りました。理事クラスの弟子の宗教的な力の欠如にも、教えの価値への疑問を感じさせました。また理事会に悪魔が入って暴れるなどということは、私の職員時代には聞いたこともなく、教団の堕落を象徴するものに思えました。

 こうして教団と教えに対する疑問を深刻に持ち始めました。

 しかし、それでも教祖への信頼は保ってきました。なにか「深いお考え」があって、そういう状況を一定範囲で許しながら、教導しようとされているのではないかと、勝手に忖度(そんたく)してしまったからです。しかしやがて、教祖の行為によって側近の若い女性が傷つき、その家族全員が絶望して退会したことや、この家族が伝道した人も数多く退会していたことを知りました。そして私は、自分がかつて元女性秘書の方から聞いていた教祖の行為についても反省を求める手紙を出しました。教祖が本来の姿に戻ってほしいという願いを込めて。その結果、私は除名になりました。

 こうして私は、僧団と教えと教祖の三宝(仏法僧の三宝)と言われていたものが、本当は「宝」ではなかったことを確認していきました。私は、一切の先入観を排除して、白紙の立場で、素直に見たときに、「これはおかしい。間違っている」という真実を受け入れざるを得ませんでした。白紙で見るというのは、教祖の説く中道の教えです。それを実践したら、「三宝」の矛盾が浮き彫りになってしまったのです。

 
良心の目で見る勇気をもつ

 この間、私は教えに照らしてものを見るということを努力してきました。その結果、教えと現実の矛盾に直面せざるを得ませんでした。

しかし、もう一つ、私の判断の基準には、自分の「良心」の声を聴くという観点を入れました。教祖の教えは、どの教えをもとに判断するかで、正反対の結果が出たりします。そのために「教え」でチェックをかけつつも、最終的には自分の「良心」に照らしてみて、教えと良心が合致した部分で判断をしました。

もっとも、そのあと、「教え」そのものを白紙の立場で検討しなおさなければならないと考えるようになりました。種と樹と実に喩えると、種は教祖、樹は教え、実は教団や教祖の行為です。実に毒が入っているのなら、樹である教えにも毒を生み出す要素があり、教祖自身の心にも毒を生み出す傾向があったと考えざるを得ません。

 私は、私の良心に照らして、おかしいものはおかしいと認める勇気を持つことができました。これが「考える自由」を回復し、洗脳から脱しはじめることができた最大の分岐点だったと思います。素直な目で見て、おかしいと思えばそれを教祖にも伝えました。そのためには自己保身を捨てる決意が必要でした。仏教で説く無執着の教えを実践することが迫られたと思います。

 そうした勇気を持つことが、自分の人生を取り戻すためには必要だと思いました。依存性人格障害の克服は、非常につらく困難なことですが、それは自分の人生を取り戻すことにつながると思います。

ありのままの事実や矛盾を、ありのままに認める勇気を持つこと。そこに依存性人格障害から脱する道があると思います。



<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」では


人格障害についての全体像を解説しています。

人格障害について関心がある方は下記をご覧ください。
 
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>

 種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198

 

 

2013年10月12日土曜日

(投稿)最近のK会に想う


                

書店を見て思うこと
久しぶりに大型の書店に行く機会があり、時間もあったので、最近は足が遠のいていた「宗教書コーナー」に足を運びました。規模が大きいだけあって、K会の本も、ある程度は置いてありました。最近はどんな本を出しているのか少し興味があったので、少しのぞいてみました。
 昔のような思想本は全く無く、最近出版したと思われる霊言の類の本が占めていました。K会の思想本の類は売れないということが店側でわかったのか、一斉に返本してしまったのでしょうか。霊言の本のタイトルだけを見ると、その内容の無さに、つい失笑してしまいました。それと同時に、完全に思想性を捨ててしまったことを、とても残念に思いました。
 そして、前に、K会の指導者が、「世の中のニーズに合わせたものを出さないと・・」と言っていたのを思い出しました。
 確かに、最近出している本を見てみると、ニーズに合わせた出し方をしているなということは納得できます。しかし、確かに本の販売は見込めるかもしれませんが、それでは世の中を救世するだけの力には決してなり得ないでしょう。救世運動とは、世の中のニーズに合わせることではなく、世の中にニーズを超えた、新たな価値観を創っていくものであると思うからです。救世の主体媒体である書籍が、このような状況ですから、すでに救世活動の本道からは、大きく逸脱してしまったと感じました。救世運動よりも、自らが生き残るために、必死にもがいている姿。そんな感じを、書棚に並べられた書籍を見て感じました。そして、こんな状態になってしまったK会を、とても、とても悲しく思いました。
 もはや、この団体に、繁栄の道はないでしょう。自らが語った「縁起の理法」に忠実に従って歩んでいるということに、彼らは気付いていないのでしょう。

そして、彼らが行く先を、私達は、哀しみの目でもって見守らねばなりません。どうか、彼らの縁ある方々に幸あれ。以前に縁のあった存在として、そう祈らずにはいられません。

 

2013年10月10日木曜日

依存性人格障害の視点から⑲接し方のコツ(2)


答えを言わないアプローチ

 

答えを欲しがる

 依存性人格障害の人は、すぐに答えを求めたがります。

しかし、ここには落とし穴があります。それは人に頼ってしまって、自分で考えなくなるという危険性です。

依存性人格障害の人は、『結局、どうしたらいいの?』と、正解を欲しがるのである。その路線に乗って、答えを教えてあげ始めると、自分で答えを考えることを次第にやめてしまい、何か困ったことがあると、すぐ答えを他人に頼るようになってしまう。(岡田尊司著『パーソナリティー障害』PHP新書)

  聞かれるままに答えを与えようとするのは、一見親切に見えて、実は相手の依存心を増長させるだけで、本人のためにならないわけです。
 
答えを言わない

K会では、あらゆる問題への正しい回答が教えにあるという建前になっています。そこで講師をしていた時には、相談者に対して、教えに基づいて正解を出してアドバイスするということだけに夢中になっていました。これは依存性人格障害を増やすことにつながっていたと、今は反省しています。
 
 この場合、答えを言わないで本人に考えさせるアプローチに徹することが、本人を鍛えていきます。そこでもし身近な人に依存性人格障害と思われる人がいたら、「言葉に出して気持ちを言う」習慣をつけるように、しむけることです。口に出していうことによって、思考はより明確になり、自分の気持ちをはっきりとさせられます。時間はかかっても、そうすることが、結局、人生の判断を誤らせない、一番優れた方法なのです。
  
 
受容ということ

 「自分の気持ちを言う」というのは、それができる人にとっては何も難しくないことです。しかし、依存性人格障害の人にとっては、決して簡単なことではないのです。いままで、誰かの指示や誰かの気持ちを重視して、自分の気持ちを見ないようにして生きてきた人は、「自分の気持ち」が何なのかがわからない場合があります。

 その場合、本人の感情に焦点を当てて、少しずつ引き出してあげることです。本人が自分の気持ちを明確にするまで、辛抱強く待って、聞き出してあげることが必要です。

 もう一つ障害があります。それは、このタイプの人は、「自分の気持ちを言うと、それが、相手と異なっていたりすれば、嫌われたり、対立したりするのではないか」と、怖れることです。親の意見や周囲の意見に合わせて生きてきたのは、自分が受け容れられなくなることへの恐れをいだいてたからです。
 そこで、「こちらの意見と違う意見を言えたときは、特に褒めてあげる」ことが大事になります。

 要するに依存性人格障害の傾向を持つ人に対しては、相手の自主性、主体性を伸ばすような接し方が最も大切なのです。



<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」では


人格障害についての全体像を解説しています。

人格障害について関心がある方は下記をご覧ください。
 
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html
 
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>

 種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198

 

2013年10月9日水曜日

依存性人格障害の視点から⑱接し方のコツ(1)


代理人にならない


本人にさせる

 依存性人格障害の人への接し方のコツ。それは2つあります。

 先ず相手の「代理人にならない」こと。
 依存性人格障害の人は、人に判断を求めたり、対人的な折衝を他者に「代行」してもらおうとする傾向があります。頼られた側は人情としては、ついそれに応えてあげたくなるのですが、それはよくありません。なぜならそうした「代理行為」は、本人の「判断したり、臨機応変に対応する能力」をますます低下させ、依存を高める結果になるからです。

 できるだけ早い段階で、失敗してもいいから、自分で判断したり、折衝するように仕向けること。それが重要です。

 

失敗を恐れない

依存性人格障害の人は、実はいままで自分の判断で何かをするのが不安だったので経験不足になっているだけです。本当はやろうと思えばできるのです。もし失敗しても、失敗に中から教訓を学ぶことを積み重ねていけば、やがてうまくできるようになり、自立につながっていきます。


 結局、依存性人格障害の人は自信がないので、これまでそうした経験を積む機会を避けてきているわけです。そのために自分で判断し、決断して何かを行うということが、経験不足になっているのです。
 そこで・・・、自分で決断するという訓練を積むこと。これが、何よりも依存症克服の解決につながります。

 

周囲の人の接し方

 依存性人格障害の人が、判断や決断で頼ってくるときには、周囲の人は注意が必要です。折角の練習の機会を邪魔しないように、気をつけなければならないのです。

 依存性人格障害の人に対しては、親切や助けは、親切にも助けにもならないのです。一人でやり抜く体験を積むことだけが、自信の回復にもつながっていくからです。周囲の者の不安が、本人の主体性を封じ込めていることが少なくありません。リスクがあっても、本人を信じて見守る包容力こそが必要です。
 
 カウンセリングでも言えることですが、大切なのは相手を信じることです。その信頼こそが本人の自信を下支えします。私は自信を失っていた時期に、ある人から「どんな分野でも一つの分野で成功をおさめた人は、別の分野でもきっとできるようになる」と言われたことで、自分を励まし頑張りぬけたことがありました。意外にできるものだと、しみじみと思いました。「あなたは必ずできる」という相手の信頼を媒介として、自分を信じることができる。こういうことがあるという経験を、この時にしました。

 ところが相手が不安で頼ってきたときに、相手の代理人になってしまうということは、「あなたにはできないでしょう」という暗黙のメッセージを送っていることになります。「あなたはできる。だから私は黙ってみている」という姿勢が、相手を信頼する態度なのです。


<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」では


人格障害についての全体像を解説しています。

人格障害について関心がある方は下記をご覧ください。
 
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html
 
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>

 種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198

 

2013年10月7日月曜日

依存性人格障害の視点から⑰共依存


献身的依存


縛られた人間関係

「共依存」という言葉があります。お互いに依存しあった関係をいうのですが、専門的に言うと「自分と特定の相手がその(病的な)関係性に過剰に依存し、その人間関係に囚われている状態」をさします。

代表的なものは、夫がアルコール依存症やギャンブル中毒で、収入をアルコールやギャンブルにつぎ込んでしまって家計が火の車なのに、妻が夫に治療を受けさせるわけでもなく、仕方がないとあきらめて、自己犠牲的に身を粉にして働いているケースです。妻が夫に献身するほど、夫は妻に甘えてしまうため、それが夫の立ち直りを阻害してしまいます。夫に対して突き放した態度をとったほうがいいとわかっていても、それができないのです。

この場合、夫は明らかに妻に依存しているのですが、妻もまた夫に気持ちの上で依存しています。あるいは夫の反発が怖いという思いもあります。いずれにしても「こうするしかないのだ」という思い込みに縛られているのです

 これはドメスティック・バイオレンス(DV)や虐待の家庭においても、しばしば見られる現象です。

なぜこうなるかというと、共依存者である妻も、自己愛(自分を大切にする気持ち)自尊心が低いため、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、共依存の関係を続けることが多いのです。

 

献身という魔力

こうした依存性人格障害の人は、「献身という魔力」に自分自身が縛られています。このタイプの人は、子供時代にアルコール中毒で虐待もするような親に対して、恐る恐る従うだけでなく、むしろ積極的に尽くしてきたことが多いのです。いわば親の自己愛に仕えて献身してきたのです。

こうした親との関係を、別の人との関係で再現し、反復するケースが非常に多いのです。「かわいそう」と思ってしまって、その思いの縛りから自分を解放できなくて、結果、相手のわがままな自己愛に奉仕してしまいます。その関係を自分からは解消できなくて、自己犠牲的な人生を歩んでしまいます。

献身や自己犠牲そのものは尊い側面を持っています。しかし、それによって自分が縛られて苦しんだり、相手の自立を妨げるとしたら、それは相互の人格の向上を阻害してしまいます。

 


カルトの問題

 カルト団体の男性支部長と婦人部長にも、共依存が発生することがあります。支部長は組織からのノルマを果たすために、どうしても婦人部長の助けが必要になります。何かにつけて婦人部長に依存し、さまざまな自己犠牲を婦人部長に強いることがあります。金銭的にも、時間的にも献身を要求します。

 一方、婦人部長は家庭に不満があり、家庭に居場所がない人の場合には、カルトの支部活動に生きがいと居場所を見出し、支部長に評価されることで自己評価を満足させていることが少なくありません。さらに、支部長だけが彼女の気持ちを受け止め理解してくれるように思える場合もあります。こうなると、献身して相手に喜んでもらえることが生きがいとなるため、「献身の魔力」につかまってしまうのです。

 お互いがお互いに依存しているのですが、その結果、通常は家族が犠牲になります。そして家庭崩壊へと向かうことが、しばしば起こります。特に子供が犠牲になるので、思春期以降の反抗期にそのつけが一気に噴き出すことも少なくありません。

 勇気を持って、今までの自分の依存と向き合い、それを乗り越えていく必要があります。しかし、依存性人格障害の人が依存から自立へと向かう際には、不安、罪悪感、喪失感といった複雑な気持ちが湧き起り勝ちです。そのため非常に自立は「勇気」がいる行為なのです。それは大変つらい作業であるために、カウンセラーのように自立を支援してくれる専門家が必要とされることが多いのです。


<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」を始めました。
 
「真実を語る」とは別の心理学の専用のブログです。

 関心のある方は、下記をクリックください。
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>

 種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198