2013年3月31日日曜日

自己愛性人格障害を考える(その3) 自己特別視

3.自己愛性人格障害の特徴と診断(1)


肥大した自己の重要感と自己特別視


「パーソナリティー障害の人は、見たところは弱々しく臆病そうな姿をしていても、心の中では自分を偉大な神のように感じています。自分が唯一絶対の存在であるだけでなく、非現実的な万能感を抱いていることも珍しくありません。」

まさにOR氏を彷彿とさせる記述です。ただし最初のころはOR氏は見た目も押し出しが強く、恰幅がよかったのを覚えています。こういうタイプの人が霊的な現象を体験すると自我のスーパーインフレーションを起こしがちなので、よほど注意が必要です。OR氏の場合は、最初はあまりはっきりとは言いませんでしたが、K会を始めた最初から、自分を大宇宙の根本仏になぞらえていたと思います。ある講演会で「高橋信次先生が言っていた大宇宙・大神霊・仏とは誰のことですか」という質問に対して、ご自分を指さすという動作で答えていたからです。K会の規模が大きくなり、それを言っても迫害されない頃を見計らって、それをはっきりと言いだしました。それは実に計画的な行為だったと思います。

このタイプの人にとって、自分こそが重要で世界の中心なのです。」

という記述は、OR氏のためにあるようなものです。信者は文字通りそう信じるのですが、少し引いてみて「自分はひょっとしたら、OR氏の自己愛性パーソナリティー障害の症状につきあわされているだけではないのか」と考えてみてもいいのではないでしょうか。

「現実の自分がパッとしなくても、それは本気で力を発揮していないからだと考えます。あるいは、自分の真価をちゃんと評価してくれる人がいないからだと思うのです。」

 K会の人は「自分の真価を理解してくれない」という欲求不満は、非常に強いのではないでしょうか。そう思わないと、正しいことをしているはずなのに、世の中に認められないことが説明できません。また自分は菩薩だと思っていると、現実がうまくいかないのは「本気で力を発揮していないからだ」と考えます。そう考えないと、霊格が高いはずなのに現実がその逆になっていることが説明できないからです。

 K会のマスコミへの怨念は、そうした思いが高じたものです。しかし、世間もいつまでたっても認めてくれないのは、やはり自分たちに問題があるからではないかと問い直してみたらいかがでしょうか。「自己責任の原則」を自分たちにも当てはめるべきだと思います。

 OR氏は「最終的には世間は正しい判断をするものだ」と、世間への基本的信頼を説いていたはずです。「人を信じ、世を信じ、神を信じよ」と、最初から日蓮にも言われていたはずです。私はこの日蓮の言葉を、本当にそうだなと、還俗して4年目につくづく実感したことがありました。世間は見ていないようでも、じっと見ています。世間がいつまでたっても認めないのは、やはりやっていることがどこかおかしいのです。そう反省する謙虚さが必要だと思います。

当然プライドも高くなります。尊大で傲慢な態度をとることが典型的です。」

 これは職員には特に当てはまる言葉です。これは私自身もそうでした。表面はたとえ謙虚にふるまっていても、内心に傲慢さがあったと思います。だから「上から目線だ」と言われ続けました。私の母親からもそう指摘されたので、本当にそうだったと思います。そして、これが社会に出てから人間関係でつまづく最大の原因であったと思います。

 K会の教えを知っているだけで「自分は特別に神から選ばれた存在だ」という思い込みが、どれほど人間関係を破壊しているかに気が付いてほしいと思います。周りの人は、本当は嫌がっているのです。だから信者をやめたと告白すると、「ああよかった」と周囲の皆さんが言われるのです。

自分を特別な存在だと思っているので、特別扱いされることを当然のように思っています。」

 職員はこの傾向が染みついています。私もそうでしたからよくわかります。特に職員はお布施をもらいなれています。これは還俗したら、絶対に捨てないと問題を起こします。人に食事代を出してもらったり、金銭的に支援してもらっても、それを当然と思う感覚が染みついてしまっているのです。信者さんも出すことになれているので、互いに共鳴するのですが、絶対に問題視されます。職員は還俗したら、自分から進んでお金を払うくらいのつもりでいてちょうどいいと思います。これは自戒の念を込めて書いています。
 
(この執筆に当たっては岡田尊司著『パーソナリティー障害がわかる本』(法研)をベースにしています。この本は大変わかりやすいので、お勧めします。)


<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」では


人格障害についての全体像を解説しています。

人格障害について関心がある方は下記をご覧ください。
 
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html
 

<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198


 

 
 

自己愛性人格障害を考える(その2) プライドが高すぎる

2.自己愛性パーソナリティー障害の基本的なタイプ


プライドが高すぎる自信家

自己愛性パーソナリティー障害は、「自分は特別の存在だという肥大化した自己意識(誇大自己と言います)をもつことを特徴とするパーソナリティー障害」です。

「偉大な自己」にふさわしい華麗な成功を夢見たり、他人に対して過度に尊大な態度をとったり、特別扱いを求めますが、相手の気持ちには無頓着になりがちです。

このタイプが政党を作ると、選挙の時には、これまで応援してきた他党の議員を応援せず独自候補を立てながら、この方が総理になると、自分の部下を重要ポストで使うように申しいれたり、自分たちの政策を全部横取りしたのに特別待遇を与えないのはけしからんと言ったりします。また、無断でこの人との対談を勝手に創作して出版し新聞広告もだしますが、それに対してこの方やその支援者が憤っていることが理解できません。

この障害を持つ人の基本的信念は、「自分は特別なので、賞賛され、特別な扱いを受けねばならない」というものです。そして自己愛性パーソナリティー障害の人にとっての他者は、「自分を称賛するか、自分の目的のために利用するもの」にすぎません。

こう考えると織田信長が浮かんできます。OR氏の人の使い方を見ると、織田信長の使い方に似ているように思います。能力主義で成果を上げるものは若手でも中途採用者でもどんどん登用するが、能力が低減して足手まといになったと見るや初期からの忠勤一図の部下でも平気で切り捨てます。

OR氏は織田信長に使えた秀吉の処世術として、「自分が9割がた仕事を仕上げておきながら、その全部を自分でやりあげてしまわずに、最後には信長に出陣を願って功績を譲ろうとした細心さ」を高く評価したことがあります。OR氏の部下は、この秀吉的な動き方をしないと、手柄を立てすぎたときは嫉妬され警戒される恐れがあります。

自分の妻であっても、息子であっても、自分の誇大な理想(もしくは妄想)のために利用できるうちは利用しますが、反抗するとばっさりと切り捨て、攻め滅ぼそうとしますので、注意が必要です。

一般的にこのタイプの社長は、「自慢話が多く、聞き手が感心して聞いていると上機嫌だが、話をそらされると急に白けた顔になる。顧客にはとても親切な気遣いを見せるが、部下や身内には怒鳴り声を上げることもしばしば。」というタイプの人が少なくないようです。

引きこもり

ところで、自己愛性パーソナリティー障害の人に案外起こりやすい問題は「引きこもり」です。なぜ自己愛の強い人が引きこもるのでしょうか。それは次のような理由からです。

自分の思い描く偉大な野心や、すばらしい理想とみすぼらしく苦痛に満ちた現実とのギャップが広がりすぎると、人は社会の泥にまみれるより、思い通りになる砦の中にこもるようになるのです。

OR氏の場合、この症状が発作的に出るのが、苦しい状況になると起きられなくなり、体が動かなくなり、「このままでは死期が近い」と言って、事業を中断することを正当化しようとするのは、引きこもりの変形かもしれません。私は完全に引きこもる方が罪が少なくて済むと思うのですが、そこまでには至らないのが、彼のために残念です。

ただし、OR氏の影響を強く受けた人の中には、引きこもりによって自分の現実と向き合うのを避けようとすることがあると思います。少なくとも私は、還俗してから最初の1年間はそんな状態でした。

しかし、勇気をもって現実に立ち向かうときに、道は開けてまいります。その時に味わうみじめな自分をじっと目をそらさずに見つめて、必ずそれを克服することを誓いながら耐え忍ぶことが必要です。みじめな自分の現実から決して目をそらさないとき、心の中に「強さ」が生まれてくると思います。

(この執筆に当たっては岡田尊司著『パーソナリティー障害がわかる本』(法研)をベースにしています。この本は大変わかりやすいので、お勧めします。)


<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」では


人格障害についての全体像を解説しています。

人格障害について関心がある方は下記をご覧ください。
 
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html
 

2013年3月29日金曜日

自己愛性人格障害を考える(その1) 基本症状


1.パーソナリティー障害の基本症状

 
以前、このブログで自己愛性人格(パーソナリティー)障害を取り扱いましたが、今回もう少しこれを深めたいと思います。それによって、K会で身につけた人格の偏りを修正する参考にしていただきたいからです。心理学に縁がない方のために、できるだけわかりやすく表現してみたいと思います。

まず、パーソナリティー障害とは何かということですが、これは「偏った考え方や行動パターンのため、家庭生活や社会生活、職業生活に支障をきたした状態」をさします。

専門的には「著しく偏った内的体験や行動の持続的様式」(DSM-Ⅳ)と定義づけられています。

実は、パーソナリティー障害にはいろいろな種類があるのですが、すべてのパーソナリティー障害に共通する基本症状が5つあります。

1)両極端で二分法的な認知におちいりやすい。

これは全か無か、白か黒か、パーフェクトか大失敗か、敵か味方かという、中間のない2分割法の考えに陥りやすいということです。全体でうまくいっているのに、何か一つでもうまくいかないと全部がダメと思ってしまう。先ほどまで愛し合っていたのに、突然大喧嘩するというのもこのタイプの特徴です。

極端なケースでは、結婚相手を99厘決め、周囲もそのつもりでいたのに、些細なことで自分が気に入らないことを言われたために大喧嘩して、別の相手と結婚したりします。

2)自分の視点にとらわれ、自分と周囲の境目があいまいになる。

自分と他人の境目があいまいで、十分に区別ができません。そのために、たとえば「自分がいいと思うものは、他者もいいと思うはずだ」と思い込んでしまいます。自分の問題を周囲の問題にすりかえやすい傾向もあります。客観的に自分を振り返り、周囲の人の立場になって考えるということができにくいのです。

たとえば、部下を思い通りになるはずの自分の一部だとみなしてしまうので、短期間で人事異動を繰り返し、反撃を受けると謀反を起こしたと考えて極端に冷遇し始めたりしても、それを当然のことと考える人がいます。

パーソナリティー障害の人は、自分を絶対視しやすく、何かまずいことがおきると自分に問題があると考えず、周囲のものの手筈が悪いからだと考えます。

3)心から人を信じたり、人に安心感が持てない

パーソナリティー障害の人は、他者を心底信じたり、心から気を許すことができにくく、些細なことでも傷つきやすく、他者を不快なものや自分を邪魔するものと考えがちです。うわべでは親しく振舞い、信じていると言っても、心底相手を信じることができません。人に対する基本的信頼の部分で障害を持っています。

たとえば、離婚する妻を子供に平気で批判させたりしながら、その子供も仕事で失敗すると平気で切り捨てたりします。誰かを切るときには、必ず別の人を対向者に仕立てて、その人を使って切らせますが、それが問題になるとその人のせいにします。父親を切るのに妻を使い、妻に問題が起きると「父親を切ったのは妻だった」と妻を悪者にして、自分は安全圏に立とうとします。人との心の絆が結べない人です。

4)高すぎるプライドと劣等感が同居する

パーソナリティー障害の人は、自己イメージがとても理想的で完璧なものと、劣悪で無価値なものに分裂し、両者が同居しています。一方では強い劣等感や自己否定感を抱えているのに、もう一方では現実離れした万能感を抱いています。

たとえば、全世界を支配し全宇宙を統括するほどの誇大な自己イメージと、側近の若い女性に陰でバカにされるほどの幼稚で無力な姿が入り混じったりします。

この障害を持つ人は、とかく理想的な自分を夢見ますが、現実の自分に対して、自信一杯に振舞っている場合でさえも、心の奥底では本当は自信がなく、強い劣等感を抱いています。だから、この人をそばにいていつもほめてくれる人、賞賛してくれる人がいることが、心のバランスを保つためには必要不可欠なのです。

とてもプライドが高いので、通常なら冗談として聞き流せるようなことも、ひどい侮辱や攻撃として受け取りがちなので、言葉には細心の注意が必要です。

例えば、「自分の肖像画を刷った高額紙幣が発行されると景気が上向くだろう」という講演内容の話を、あまりにも非現実的に思って削除した編集局長が、講演者の逆鱗に触れ、激しい叱責をこうむったという話があります。

5)怒りや破壊的な感情にとらわれて、暴発や行動化を起こしやすい

パーソナリティー障害の人は、心で受け止めることのできる許容量が非常に小さいのが特徴です。それを超えてしまうと自分で処理できなくなり、心のバランスが崩壊してしまいます。心の問題が行動の問題となってしまうことを行動化(アクティング・アウト)といいますが、ストレスが処理能力を超えると過激な行動に出やすくなります。

ある政党の設立者は、自分の政党結成の一周年記念の時に、所属議員の人気が急上昇していることに嫉妬して、出席をドタキャンして街をぶらぶらしていたという話があります。この政党の熱烈な支持者にその姿を目撃され、おおきなひんしゅくを買ったそうです。これも行動化でしょう。

また、自分を批判した記事を載せた出版社に、自分の信奉者に命じて編集業務を止めるための襲撃をさせるということや、この人が作っている団体にだまし取られたとして、奪われた数億円の返還訴訟を担当した弁護士を、これまた十億円近い額の賠償を求めて訴えるような行為も、明らかに暴発でしょう。

以上を簡単に復讐しますと、パーソナリティー障害の基本症状は次の5つです。

1)両極端で単純化した思考パターン(認知)に陥りやすい。

2)自分と他者の区別があいまいで、自分と他人の問題を混同しやすい。

3)人と長く続く信頼関係を保ちにくい。

4)プライドと劣等感が同居している。

5)暴発や行動化を起こしやすい。

これらは一種の幼児性でもあります。
 

(この執筆に当たっては岡田尊司著『パーソナリティー障害がわかる本』(法研)をベースにしています。この本は大変わかりやすいので、お勧めします。)



<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」では


人格障害についての全体像を解説しています。

人格障害について関心がある方は下記をご覧ください。
 
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html

 
<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198




 
  

2013年3月28日木曜日

洗脳解除のために(その6)

知識偏重の危険性

1 .知識を詰め込むことのリスク
 

K会はもともと「神理の学習団体」として出発しました。ですから、集まってくる方は学習熱心な人が多かったので、知的な方がそうとうおられました。またそれまで読書に熱心でなくとも、入会してから熱心な読書人になる人も多かったと思います。


OR氏は東京都の図書館ぐらいの蔵書をもっているといいますが、たぶん本当なのだろうと思います。驚くべき速読術をお持ちであるのも事実だと思います。そのために学生時代から、懸命に頭脳を鍛えてこられたと思います。そのご努力には敬意を払いたいと思っています。


ただし、このような努力は、過去の知的な遺産を集大成していく上ではもちろん有効なのですが、全く新しいものを打ち出していく上では必ずしもプラスには働かないのではないかと思います。


過去において、真のオリジナルといえば、釈尊がいますが、釈尊は書斎の人ではありませんでした。禅定の中で根源的な智慧を無尽蔵に生み出してくる方でした。


イエス様も、ある程度の勉強はされたはずですが、イエス様のオリジナルの思想は、旧約聖書の解釈ではなく、天上界から降ろされる神の言葉だったと思います


孔子様は、この方は勉強をされた人ですので、ちょっと違います。そのために儒教は宗教的な色彩は薄く学問の色彩が強くなりました。


ソクラテスは霊的世界に参入し、かつ弟子たちとの問答を中心に根源的な思想を説かれた方です。それをさらにプラトンが集大成しましたが、プラトンは自ら霊的な叡智の世界に参入しつつ、過去の学問も相当できた方だと思います。しかしプラトンのオリジナル性は、ソクラテスの存在を抜きには語れないのではないでしょうか。

空海は日本でもっとも独創的な宗教家兼思想家ですが、奈良の都での学問を途中で放棄して山野を放浪しつつ、心の世界を探求しています。早々にある程度学んだのちに、都で学ぶ古い学問には意味がないと思われたのでしょう。山野をめぐり、瞑想のなかでオリジナルな悟りに到達されました。その結果、唐に渡っても短期間のうちに恵果阿闍梨から密教の伝授を受けています。

このように真にオリジナルな宗教家、思想家と言われる人を見たところ、知識的な学びと必ずしもリンクしていません。

心理学のユングの場合は、もともとはエリートでしたが、フロイトと別れた時点で、一度彼自身の世界が崩壊しています。一度リセットしているのです。その後、精神的な危機の中で自分の根源的な体験を積み重ねて、それを説明するために学問的な努力を払っています。

学問の効用は十分に尊重したいと思いますが、学問が完全にマイナスに働く場合もあります。東大等で左翼的な思想を詰め込んだエリートの方々が近年日本を衰退させてきたのは、そういうケースです。

つまり、過去の知を学びすぎることが、足かせとなって、新しい時代が求めるものを生み出すのを妨げる場合があるのです。

新しい時代は、その変化が根源的であればあるほど、書物を学んで創れるものではなくなります。ある程度、同時代の人に説明するための道具として、そうした知は必要でしょうが、その知を持ちすぎると、本当の意味で新しいものを生み出しにくくなる面があると思います。

一般的に見て、知識を学びすぎると感情の働きがにぶくなりがちです。また霊的な感受性も鈍くなりがちです。過去の知識にとらわれすぎて、新しい現象を素直な目で見ることができなくなることもあります。

そうした危険性があることを、十分に踏まえたほうがいいと思います。


2.リセットするとき


 パブロフが犬を使って条件反射の実験をしたのは有名です。ある日、大雨で洪水が実験室に流れ込んで、危うく条件付けされた犬たちが死にそうになりました。間一髪のところで、かろうじて救い出されたのですが、驚いたことに、それまでベルを鳴らすとよだれが出るように条件づけられていた犬が、ベルを鳴らしても反応しなくなったのです。

ここから、「学習」(経験によって行動が変容すること)によって形成された条件付けは、生命の危機を感じるような経験をするとリセットされることがわかりました。

ソビエトではこのパブロフの研究を洗脳に使いました。そして古いブルジョア思想の持ち主を洗脳解除して、新しい共産主義思想で染め上げるために、生命の危機を感じる強制収容所に放り込んで再教育しました。過去の思想信条をリセットして共産主義思想を植え付けたのです。これは心理学の悪用です。以上が歴史的な事実です。

翻って、私の洗脳解除のプロセスをたどってみると、私は1999年にK会を退職してから、相当厳しい環境をくぐりぬけてきました。仕事も4つの職場を変わりました。OR氏の本を読まなくなった時期も数年間ありました。営業で毎日朝から夕刻まで電話がけしたり、事務仕事で数字を追いかけたり銀行交渉に明け暮れたり、肉体労働で荷物を冷蔵庫に搬入搬出したりと、さまざまなことをしました。

その間、うつ状態になり苦しんだ期間もありました。離婚もしました。失業も何度もしました。病気で救急車で運ばれたこともありました。まさに「闇の航海」というべき時期を長く過ごしてきました。

そんな中でも、信仰は持ち続けてきたのですが、私が誠心誠意努力して教え、カウンセリングをしてよくなってこられた人々を、教団が一人一人支部に呼び出して、私の教室をやめるように圧力を加えられた時は、さすがに納得がいきませんでした。この時は「これはK会の思想に頼らない道を開けと言う天意だ」と信じて、黙々と努力してきました。

こうして相当K会の信仰への疑問は蓄積さされていったのではありますが、OR氏によるセクハラ行為の犠牲者の家族の苦しみと怒りに満ちた声を聴いたとき、私は信仰が揺らぎ、ました。最後にOR氏にこうした被害者の苦しみを救ってほしいという手紙を書いた結果が「除名」だったので、完全に信仰は崩壊しました。

私の場合は、OR氏の本を繰り返し読み過ぎていたと思います。また熱心に修業しすぎたと思います。だからそれが足かせとなって、方向転換に時間がかかりすぎたと思います。

それでも、書斎の人から、社会の荒波にもまれて現場で汗するようになったので、自分を縛っていた「条件付け」が少しずつリセットされていったのではないかと思います。もし職員のままでいたとしたら、いつまでたってもリセットできなかったと思います。

私はこれから還俗する職員の方々や、熱心に活動してこられて信仰をやめる方々に、申し上げたいのです。一時的には、環境が激変しますし、洗脳が続くうちはさまざまな失敗や危機に見舞われることも多いと思います。場合によっては、もう生きていけないかと思うほどの状況に追い込まれることもあると思います。

しかし、その危機には意味があるのです。洗脳がリセットされるチャンスでもあるのです。私は何度もリセットのチャンスを持ちながら、必要以上に長く信仰を引きずりすぎたと思います。それは知識を学び過ぎたからだと思います。

それでもリセットできるようになりました。リセットしきれない部分は、こうしてブログで自分を裸にしながら点検することで、少しずつ白紙に戻そうとしています。

人間というのは、入ってくる情報が少なくなると、自分の頭で考えるようになります。情報がありすぎると、考える力を失っていきます。書籍だけでなくテレビなどマスコミ情報も含めて、何日も情報飢餓に状態に自分を置くと、自分の考える力がよみがえってきます

そこに生活や生命の危機が加われば、いままで間違った洗脳をされ悪しき条件付けをされていた脳も、リセットされるのです。

ですから、還俗したり信仰を離れることで、どんな危機が一時的にこようとも、決して絶望しないでほしいと思います。その奥にまた、目に見えない大きな愛の力が働いているということを知ってほしいと思います。



参考「洗脳解除に役立つ本」

<希望のブログ>


種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」を始めました


心理学の専用のブログです。
関心のある方は、下記へアクセスください。
http://tanemura2013.blogspot.jp/
<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198