2013年11月27日水曜日

『舎利弗の真実に迫る』名誉棄損裁判の報告⑤ 判決の問題点


判決に対する私の見解


 これまで私は、この裁判の判決の概要を紹介してきましたが、ここで私の見解を述べさせていただきます。


 結論から言うと、この判決は不当判決です。そして大きな禍根を将来に残すと確信しています。その理由は3つあります。

 第1の理由は、大川隆法氏の霊言方式による意見の表明や論評は、信者以外の一般の読者はそれを信じないという認定が、まず誤っています。

 そもそも幸福の科学は、大川隆法氏の霊言集の発刊によって教団を形成してきた歴史があります。私も霊言集を読んで、大川隆法氏の言葉を信じ、会員になり職員になった一人です。つまり霊言方式による大川氏の言葉を、文字通り霊の言葉として信用し、その内容の真実性を信じた人々が信者や職員になってきたのです。信者数を大川氏は1000万人を超えると大語し、全世界に広がっているといいます。そして、世界各地にさまざまな自前の施設が立てられています。つまり、一般的な読者の中に、霊言方式で表明された大川氏の意見や論評を信用する人が多数存在し、教団の主張によれば今なお世界に増え続けているわけです。また、信者にならなくても大川隆法氏の愛読者はさらに数多く存在しています。

また幸福の科学は中学、高校の学園を2校建設していますし、大学も建設中です。幸福実現党という政党を結成して、数十万票を獲得しています。これは大川隆法氏が一定の社会的信用を得ていることを示唆しています。

ゆえに大川隆法氏の意見の表明や論評は信者以外にも信じる人がおり、それゆえに本書籍の刊行により私の社会的信用が低下することは否定できません。私は大川氏の霊言で誹謗されたあるマスコミの方から、信者以外の人が霊言の影響を受けて攻撃的なメールを送ってきたとお聞きしたことがあります。信者以外にも霊言を信じて攻撃的になる人が出るのです。一般読者は信じないという判決の判断は、絶対に誤っています。

2の理由は、こうして生じた社会的信用の低下の結果のみならず、本書が発刊されて一般書店に並べられ、新聞広告が出されるということ自体で、私は非常な精神的苦痛を受けました。それに対する配慮がこの判決にはまったく見られません。精神的心理的な被害の程度を確認するために、通常は証人喚問が行われるそうですが、私の場合は証人喚問すら行われませんでした。被害を受けた私の気持ちは、考慮すらしてもらえなかったのです。この一点だけでも、私は不当判決であると考えます。

これは私の憶測ですが、私より先に結審した大川きょう子氏の名誉棄損裁判で、非常によく似た判決が出ていたため、今回はそれにあてはめることを優先し審理を尽くさなかったと思われます。実に不当な手抜き裁判です。

3に、そしてこれが最も重要なのですが、この判決により、司法は大川隆法氏に霊言方式であれば誰に対していかなる内容を書こうとも名誉棄損にならないという保証を与えてしまいました。これがもたらす災禍を想うと、私は慄然とします。

この判決によって大川隆法氏は、自らへの批判者に対し「霊言方式による人格攻撃」を、法を気にせず自由にできることになります。そして教団の組織と財力にものを言わせて、それを広告し、批判者を追い詰めることも自由です。単なる一個人、私人に対しても、何お懸念もなく行えます。名誉棄損の被害を受けた個人には、法による救済は与えられません。司法はカルトによる言論の暴力から、個人の人権を守ってくれません。これがこの判決の意味するものです。

 霊言問題に関して、さらにいうならば、大川隆法氏は天皇陛下の霊言なども平気で書籍にしています。『今上天皇元首の本心 守護霊メッセージ』では、大川隆法と幸福実現党が主張してきたこととほぼ同じことを天皇陛下もお考えであると、読者に印象付けています。憲法草案では天皇は京都に引っ込んで伝統行事や祭祀に特化して、政治的に責任が発生しないようにするべきだと言いつつ、本書では今上天皇が幸福実現党の政策と実によく似た見解を述べる内容となっています。天皇陛下は幸福実現党の政策を支持している方のように見えます。そう思って喜んだ幸福実現党の党員、シンパは多いと思います。これは露骨な天皇の政治利用です。これによって、右翼や伝統的保守派の幸福実現党への批判を抑え込むことを意図しているのだと思います。このような新手の天皇の政治利用に対しては、厳しい批判がなされるべきであると考えます。

 そのほか幸福の科学に批判的なマスコミ人等に対しては、名指しで霊言方式での誹謗中傷を行い、公然と悪魔視しています。

こうした悪辣なカルトの言論活動に対して、この判決は法による救済に道を閉ざしてしまったと言わざるを得ません。法に依る制約を受けないカルトの権力が横暴さの度合いを増した時、この判決の持つ過ちが誰の目にも明らかになり、歴史によって裁かれるに違いないと思います。大川隆法氏とK教団に対して、このような「霊言方式により人格攻撃できる表現の自由」を与えてよいのでしょうか。これはあまりにも危険です。大川隆法氏に人格攻撃の自由を与えた今回の判決は、将来に大きな禍根を残すと思います。

私はこのような惨禍を絶対に防ぐためにも、控訴審で戦い続けます。この裁判のゆくえは私個人の名誉の問題にとどまらないのです。必ずや勝利してゆきたいと思います。

 

この裁判への私の見解は、以前にブログに書いたことがあります。関心のある方は、下記のアドレスをクリックしてください。

http://tanemura1956.blogspot.jp/2013/03/blog-post_19.html

1 件のコメント:

  1. 「大川隆法氏の霊言方式による意見の表明や論評は、信者以外の一般の読者はそれを信じないという認定」
    怖っ。
    Amazonnのレビューなど「一般の人」が霊言本に高評価つけてますけどね。
    実際は信者でしょうけど、「本当の一般の人」が見分けられる、と裁判官は思ってるのでしょうか。
    見分けられないから信者を増やして、布施の被害も増やしていったのでしょうに。
    あきれます。

    返信削除