2013年11月18日月曜日

(コメント投稿)K教団の裁判での対応に疑問

K教団の陳述書と証人喚問拒否について


 読者から、このブログの直近の裁判記事に対して、下記のようなコメントがよせられました。すでにコメント欄には紹介しましたが、非常に的確なご指摘でありましたので、ここに改めて「コメント投稿」として掲載させていただきます。
 

「 今回の記事を読んで、K教団の裁判での対

  応に疑問を感じております。

   私も複数の裁判経験がありますが、『陳述

  書にサインまでした人の証人喚問を、それを

  提出したK教団が、裁判所の指示がありなが

  ら拒否する』

  ということは、普通考えられません。

  ましてや、『正しい心を教える宗教法人』が

 そういう態度をとるとは。

  私が経験した裁判で、相手側の証人が、

 「虚偽内容の陳述書」を提出して、証人喚問

 でも同様に虚偽内容を話したことがあります

 が、その時の判決文には、「陳述に信用性が

 無い」とまで書かれ、相手側の請求棄却にな

 っています。

  普通の弁護士でしたら、これくらいのことは

 判るでしょうから、K教団側の弁護士もこのよ

 うな判断をしたとしても不思議ではないと思い

 ます。

  K教団のホームページには、教団の勝訴

 との記載がありますが、『勝訴したと言って

 いるのに、控訴する』のも、これまた不思議

 なことです。

  K教団には、『正しい心を持って、社会に接

 して欲しい』ものであると切に願っております。」

0 件のコメント:

コメントを投稿