2013年6月10日月曜日

(投稿)脱会者からのメッセージ・・・転落の1994―1996③



幸福の科学の正邪の確かめ方



(前回からの続き)

⑥教えの正邪を知るのは簡単

 K会(幸福の科学)の教えが正しいかどうかを見分けるのは簡単なことなのです。

K会の信仰を始めて、自分が幸福になったか不幸になったかです。

K会の教義の通り、繁栄したか貧困になったかです。

愛ある心で満たされているか、愛が衰退し人を裁くようになったかどうか。

愛か裁きか。

謙虚さか上目線か。

感謝か愚痴か。

人は神の子か悪魔か。

自信か慢心か。

家庭調和か家庭不和か。

対人調和か対人不調和か。

成功か没落か。

与える愛か数値か。悟りか金か。

他の会員は幸福か不幸か。

など色々考えてみればわかります。自分が失ったものを思い返してみれば解ることなのです。

一体何がしたいのか

「主が、主が」というのではなく、「自分は一体何がしたいのか」を今一度考えてみて下さい。

何がしたいのですか。救世がしたいのですか、それとも数を増やしたいのですか。

人を救いたいのですか、法を強制したいのですか。

苦悩している誰かを救い出すために支部で具体的にコンサルティングしましたか。

貧乏で苦悩している会員さんが支部に来た時に愛を与えましたか。

会社を追われて苦悩している会員さんの為に職の一つでも紹介しましたか。

全くできていないでしょう。そのような不幸な方に対しても主のお役に立てば救われる、精舎にいけば救われる、研修、祈願を受ければ救われると、更にお金と時間を吐き出させたのではないでしょうか。残念ながらそれでは、全く解決はしないのです。

救世がしたいのでしょう。世の中を良くしたいのでしょう。なら、世の中をどのように良くしたいのですか。世をどう救うのですか。選挙で勝利すれば救われるのでしょうか。でも勝利しなければ日本を海に沈没させるのでしょう。

私なら選挙で残念な結果であっても、世の恵まれない人々の為に最善を尽されている姿を見たならば、次の選挙は投票すると思います。日本を沈没させるという想いの出るところには投票しません。

莫大なお布施があるのに、被災地の方々の為に一体如何ほどのことをされたのでしょうか。恵まれない子供やお年寄り、気の毒な障害者の為に何をしたというのでしょうか。

(次回へ続く)

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿