2013年3月31日日曜日

自己愛性人格障害を考える(その2) プライドが高すぎる

2.自己愛性パーソナリティー障害の基本的なタイプ


プライドが高すぎる自信家

自己愛性パーソナリティー障害は、「自分は特別の存在だという肥大化した自己意識(誇大自己と言います)をもつことを特徴とするパーソナリティー障害」です。

「偉大な自己」にふさわしい華麗な成功を夢見たり、他人に対して過度に尊大な態度をとったり、特別扱いを求めますが、相手の気持ちには無頓着になりがちです。

このタイプが政党を作ると、選挙の時には、これまで応援してきた他党の議員を応援せず独自候補を立てながら、この方が総理になると、自分の部下を重要ポストで使うように申しいれたり、自分たちの政策を全部横取りしたのに特別待遇を与えないのはけしからんと言ったりします。また、無断でこの人との対談を勝手に創作して出版し新聞広告もだしますが、それに対してこの方やその支援者が憤っていることが理解できません。

この障害を持つ人の基本的信念は、「自分は特別なので、賞賛され、特別な扱いを受けねばならない」というものです。そして自己愛性パーソナリティー障害の人にとっての他者は、「自分を称賛するか、自分の目的のために利用するもの」にすぎません。

こう考えると織田信長が浮かんできます。OR氏の人の使い方を見ると、織田信長の使い方に似ているように思います。能力主義で成果を上げるものは若手でも中途採用者でもどんどん登用するが、能力が低減して足手まといになったと見るや初期からの忠勤一図の部下でも平気で切り捨てます。

OR氏は織田信長に使えた秀吉の処世術として、「自分が9割がた仕事を仕上げておきながら、その全部を自分でやりあげてしまわずに、最後には信長に出陣を願って功績を譲ろうとした細心さ」を高く評価したことがあります。OR氏の部下は、この秀吉的な動き方をしないと、手柄を立てすぎたときは嫉妬され警戒される恐れがあります。

自分の妻であっても、息子であっても、自分の誇大な理想(もしくは妄想)のために利用できるうちは利用しますが、反抗するとばっさりと切り捨て、攻め滅ぼそうとしますので、注意が必要です。

一般的にこのタイプの社長は、「自慢話が多く、聞き手が感心して聞いていると上機嫌だが、話をそらされると急に白けた顔になる。顧客にはとても親切な気遣いを見せるが、部下や身内には怒鳴り声を上げることもしばしば。」というタイプの人が少なくないようです。

引きこもり

ところで、自己愛性パーソナリティー障害の人に案外起こりやすい問題は「引きこもり」です。なぜ自己愛の強い人が引きこもるのでしょうか。それは次のような理由からです。

自分の思い描く偉大な野心や、すばらしい理想とみすぼらしく苦痛に満ちた現実とのギャップが広がりすぎると、人は社会の泥にまみれるより、思い通りになる砦の中にこもるようになるのです。

OR氏の場合、この症状が発作的に出るのが、苦しい状況になると起きられなくなり、体が動かなくなり、「このままでは死期が近い」と言って、事業を中断することを正当化しようとするのは、引きこもりの変形かもしれません。私は完全に引きこもる方が罪が少なくて済むと思うのですが、そこまでには至らないのが、彼のために残念です。

ただし、OR氏の影響を強く受けた人の中には、引きこもりによって自分の現実と向き合うのを避けようとすることがあると思います。少なくとも私は、還俗してから最初の1年間はそんな状態でした。

しかし、勇気をもって現実に立ち向かうときに、道は開けてまいります。その時に味わうみじめな自分をじっと目をそらさずに見つめて、必ずそれを克服することを誓いながら耐え忍ぶことが必要です。みじめな自分の現実から決して目をそらさないとき、心の中に「強さ」が生まれてくると思います。

(この執筆に当たっては岡田尊司著『パーソナリティー障害がわかる本』(法研)をベースにしています。この本は大変わかりやすいので、お勧めします。)


<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」では


人格障害についての全体像を解説しています。

人格障害について関心がある方は下記をご覧ください。
 
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html
 

2 件のコメント:

  1. <読者の方からコメントをいただきました。>

    いつもありがとう御座います。
    種村ブログは非常に解りやすく、実体験からくる言葉に力があります。しかも、現実的な苦悩に対してや霊的な領域まで踏み込んでいますから、救済力はかなり高いといえます。
    私は、このブログのお陰で洗脳が解けました。
    そして、様々な悟りに入り込んだ新たな認識が多くあります。
    私が見るところ、洗脳解除、その後の指針、ケアーなど配慮されており、法の質がかなり高い最大のブログでると推奨しています。
    なんと、超高級神霊の言葉も受けていますし、指導も入っています。守っても下さります。
    神の言葉は、たった一言でも威力、深遠さがあり、K会の教義も論破します。

    織田信長の例は解りやすいです。
    現代は、これが蔓延しているのではないでしょうか。
    過去の功績は関係なく、仕事力が下降してくると中高年を容赦なく退職に追い込みます。
    退職に追い込むのに、集団いじめ等を行ないます。
    しかし、そういうことを平気で行なう会社や人が3次元では良くなっているのです。
    こういう不遇な経験をしてきた方は余程の心でないと神を信じはしないでしょう。
    3次元と霊界の意味、3次元の法則と霊界の違い、3次元に対する神意、神の信仰の意味等を追求していく必要があると思います。
    その為には、今の課題をクリアして、悟りを向上させていく必要があると思います。長い道のりですが。
    今後ともよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. コメントをいただきありがとうございます。過分なお言葉をいただき、恐縮しております。
      洗脳解除については、ほかにもブログ等で優れた研究成果を発表してくださっている人もおり、今度、どんどんそういうものが出てくれば、ありがたいと思っています。
      私のブログに投稿してくださる方も、すごくレベルが高い方が多いのと、真摯に問題に向き合っている方が多いので、非常に啓発させられています。体験談も、一つの力だと思います。自分の人生を語ることは、勇気がいることです。赤裸々に語ることは、やはり勇気がいります。でもそれはかならず誰かを励ましていると思います。
      これからもよろしくお願いします。

      削除