2013年3月27日水曜日

洗脳解除のために(その5)


生まれ変わりの仕組みについて


K会では、生まれ変わりの法則について、地獄からは決して人は生まれ変わらないと説いています。

その理由として、地獄から生まれ変われるのであれば、苦しい地獄からどんどん生まれ変わってきてしまうので、地上が地獄化するはずだという説明をしています。

確かに、地獄から誰でも生まれ変われるとするならば、地獄は空っぽになり、地上が地獄化するでしょう。それは転生輪廻を魂の進化のための仕組みとして準備された趣旨から外れると思われます。

しかし、地獄から絶対に生まれ変わることはないのかといえば、例外があるのではないでしょうか。根本神(特定の宗教の神ではないので、こういう表現にしておきます)が許可された場合には、地獄から少なくともエネルギー体の一部を引き上げて、地上に生まれ変わる機会を与えるのではないかと思えるのです。そうしなければ、その魂にとっては地獄から出るチャンスが無くなり、永遠の停滞もしくは退化の中に置かれることになります。それは進化の原理に反しているように思えるのです。

K会では、本人が自分で最低限の反省を済ませて4次元幽界以上の世界に上がれた時に、地上に生まれ変わることができるとされています。原則はそれでいいように思います。

しかし例外があると思うのです。無間地獄に堕ちるような魂の場合、自分が反省をして幽界まで上がること自体が、なかなか難しいと思います。なぜなら、そういう魂は、地獄でも悪を重ねることが多いからです。

しかし、そういう魂を教育するには、根本神が特別に許可をした場合は、そのもののエネルギー体の一部を何らかの方法で浄化して、地上に生まれ変わるようにできるのではないかと思うのです。

ダイバダッタが現代に生まれ変わっていると、OR氏は説いていました。この場合、ダイバダッタは自分で反省して、天国へ上がってこれたのでしょうか。ダイバダッタは釈尊をさまざまな方法で殺そうとしたり、釈迦の有力な弟子を実際に殺した人です。そういう方でも2500年ぐらいで出てこれるのであれば、無間地獄といっても、そこは何億年もいる場所とは思えなくなります。

私は、もし今の時代にダイバダッタが生まれ変わっているのなら、それはダイバダッタを構成している全体のエネルギー体があり、その一部分が地上に引き上げられて生まれ変わり、チャンスを与えられたとみる方がいいように思います。

裏切りのユダはどうでしょうか。初期のイエス・キリストの霊言では、ユダはまだ地獄から出てきていないということになっていました。人々の恨みの念が消えないので、上がってこれないとイエス様が説明していたはずです。そして生まれ変われるのは、イエス様が再誕されたときに、引き上げて地上に一緒に出ると言われていたと思います。

それがいつの間にか、前妻のきょう子氏がユダの生まれ変わりにされているわけです。イエスキリストの霊言との整合性はゼロです。何の説明もありません。おそらくできないのだろうと思います

私は初期のイエス・キリストの霊言の方がもっともらしいと思うのですが、そうだとすると生まれ変わることができたユダは、再誕したイエス様を再び裏切るのか、それとも次回は信じ切ることができるのか、それが試されるわけです。それは大きなチャンスです。またイエス様もかつて自分を裏切った人間を、どのように教育できるのかが試されるのでしょう。それはユダの魂をどこまでもはぐくもうとされる大きな愛だと思います。

この地上が、大きな魂のはぐくみのために用意された舞台であるとすると、地獄の帝王といえども、そのエネルギー体の一部分は何らかの形で浄化され、生まれかわる機会を与えられるのではないかと思います。もし、生まれ変わった魂が、大きな回心を遂げて人生を全うしたならば、自分の負債を大幅に減らせるのではないかと思います。もしこの魂が、正しく天上界からの言葉を地上に広めることができ、多くの人を救いえたならば、過去に作った負債を相当消し込むことができるのではないでしょうか。そういう大きな愛の中に、はぐくまれているのではないでしょうか。

そういう可能性も視野に入れないと、地獄解消ということはダイナミックにできないと思うのです。

根本神であるならば、地獄解消という大きな目的を実現するために、戦略的にそういうことも計画されるのではないだろうか。もしそれがうまくいかなくても(当然それは何割かの確率で想定されます)、第二第三の計画を立てておられるのではないでしょうか。そう考えると、根本神(内なる神でもあります)への信仰というのは、揺るぎのないものになるように思います。

そういうことを考えてみるのも、K会の洗脳を解くための、一つのきっかけになると思います。

参考「洗脳解除に役立つ本」

<希望のブログ>


種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」を始めました


心理学の専用のブログです。
関心のある方は、下記へアクセスください。
http://tanemura2013.blogspot.jp/
<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198

2 件のコメント:

  1. <読者からのコメントをご紹介いします>
    生まれ変わりの仕組みについて

    地獄からも生まれ変わってくる例外は、可能性があるように考えられると思います。
    根本神の御心は偉大であると思うからです。
    親ならば、永遠に地獄で苦しみ続けることを放置しないと思えるのです。
    転生の結果も解っておられると思えるのです。

    現代は唯物思想に覆われていると思います。
    発達した社会で、生きる根底に経済が必要だからだと思います。
    経済と法律と神への信仰の融合は難しいと痛感します。
    団体においても個人においてもです。

    又、そこまでできる経営者も少ないと思います。
    実績を上げなければ簡単にくびになり、中高年は過去の実績は関係なく真っ先にリストラされます。
    また、派遣も人を道具化した姿だと思います。

    そういう環境下で不幸に会う人は多く、神への信仰は薄れます。
    悪魔は、神はあなたを救わないとささやくでしょう。私もそうでした。
    (実際は、神は救って下さる)

    今の時代に人は何を求めればいいのかという疑問が湧きまた諦める方もいるでしょう。生存に必死の時代です。

    そこによって立つ人はもういない。

    このまま、今の時代が進むとは思えない面があると思います。

    一体何がどうなっているのかということが解らないのです。

    以上


    返信削除
    返信
    1. コメントをいただきありがとうございました。
      人は大きな転換期に、極限状態と思える苦しい環境に投げ込まれることがあります。しかし、この極限状態のなかで、人は今までしみついてきた思考パターンや行動パターンが壊れていくことが多いのです。危機に面して今までのパターンでは対処できないと、人は従来のものをリセットします。正反対に動き出す場合もあります。これは人間に埋め込まれた本能ともいうべき仕組みだと思います。従来のやり方が通用しないときに、今までと同じやり方に固執したら死にます。リセットが起き、パターンを変える必要があります。
      こういう時は洗脳を解除するチャンスです。この時に間違った従来の思想や信仰にしがみつくと、人は化石化します。変化できなくなるのです。
      ですから、どうしようもない危機の時に、自分は古くて役に立たなくなった思考や行動のパターンをリセットして、新しい自分を創り上げる機会に遭遇しているのだと信じてください。そこから新しい発展の芽が出てきます。
      試練の中にいるのはあなた一人ではありません。神は決してあなたを一人にはされません。
      人はどこからでも幸福をつかみ取り成長することができます。これまでの心の重荷をおろし、傷ついた心を癒してください。今は先ず癒しを必要とされていると思います。私がお役に立つようでしたら、お役に立たせていただきたいと思います。
      私はカウンセリングで出会った人々の心の変化を通して、人はどんな厳しい状況からでも奇跡のように立ち直り、幸せをつかんでいけるということを確信しています。
      最大の苦しみの中で出会った人生の真実こそ、あなたの最大の宝になると信じています。希望は必ずあります。必ずです。私は限られた自分と人の体験からではありますが、そう確信しています。
      その希望の道は、自分の中に根本神(心理学的には超越潜在意識)を見出していく道につながっていると思います。ここから新しいエネルギーが注がれてきます。ふんだんに惜しみなくです。すべてを新しくする力が働きます。そのエネルギーに触れるときに、自分の人生の意味を再発見されると思います。自分の使命の再発見です。自分の個性の意味を知り、自己信頼を生きることになると思います。本当の意味での自己愛が満たされるのは、こうしたプロセスを経てこそであると思います。

      削除