2012年12月20日木曜日

幸福実現党の惨敗に思うこと

何が問題なのか

(紹介)

政治、選挙関連で、読者の方から3つの投稿をいただきました。

3番目はコメントに頂いていたものです。

(投稿1)報道されないので助かっているのでは。

実現党は「自分らの政策が一番正しいのにマスコミが報道しない」と相変わらず叫んでいます。

私はむしろ彼らの政策がおかしいと思っています。

国防を強調したり、原発の必要性を訴えている面は、私も賛成です。

しかし、彼らの政策の中には、疑問を感じるものもたくさんあります。

たとえば、大統領制、TPP賛成、移民受け入れ、大幅な規制緩和、大川新憲法など。

経済についても彼らの政策論は、小さな政府にすると言いながら、基幹産業を促進すると言ったり、理論的に結構混乱してます。

また国防が大事なのはわかりますが、ミサイルが飛んできたらどうするんだ!と3年前と同じことをヒステリックに叫んでいるわけです。

この思考パターンは、原発が爆発したらどうするんだ!と叫ぶ原発反対論と同じくらい幼稚です。

とても自分らが一番正しくて、他の政党は全部ダメだ、などといえたシロモノではありません。

マスコミに報道されて、まともに突っ込まれたら困るのは実現党です。報道されないことでむしろ助かっているのです。

(投稿2)世間への怨念には警戒が必要

日本の政治にとっては、今回安倍さん率いる自民党が大勝したのは喜ぶべきことです。安倍さんや麻生さんは非常に優れた政治家です。日本の政治の大きな危機のときに、彼らが政治のリーダーのなったのは、まさに奇跡です。日本の神々が味方したのではないでしょうか?

今回の実現党の悲惨さというのは、目も当てられません。ただただ浅ましいばかりです。負けたあとの態度も見苦しいです。自民党が勝ったのは自分らのおかげだとか、マスコミが報道しないから悪いんだ、とか聞いていて気持ち悪くなります。

今回の選挙で、大川氏や信者は、世間への怨恨を一層深めたと思われます。「幸福の科学」は冗談でなく、オウムとますます同じ運命をたどっています。もはやオウム並みの社会問題も犯しかねない団体だと思われます。

(投稿3)今回の惨敗は「自業自得」です

「幸福実現党と書かないと日本人3000万人が死ぬ。」「死にたくなかったら幸福(実現党)と書きなさい」

youtube
の動画で見ましたが、大川氏は本当に言っていました。大川氏のあまりの浅はかさにあきれるばかりです。恐怖の予言をすれば、人々が自分の言うことを聞くとでも思ってるでしょうか? 彼が堕落していく姿は、オウムの麻原氏とそっくりです。
今回圧勝した自民党は「列島強靭化」という、極めてまっとうな政策を打ち出していました。
簡単に言うと、「最近のトンネル事故に象徴されるように、今日本のインフラが老朽化している。それにまた大きな地震が起きるとも分からない。そのため、自民党は公共投資をして、インフラを整備していく。そしてそれは最も効果的なデフレ脱却策ともなる」といことです。公明党の「ニューディール政策」もそれと似たものです。
震災などにもそなえて、国民のためにインフラを整備する、という自民や公明に対し、信者は「(実現党を支持しないと)天照さまが怒って地震が起きる」と言い、総裁は、「死にたくなかったら幸福(実現党)と書きなさい」と叫んでいたのです。
政党として見てどちらがまともか、一目瞭然です。彼らはよく「自分らの政策は一番正しいのにマスコミに報道されないから悪い」といいますが、マスコミ云々の前に、主張や政策論で、自民には勿論、公明党にも完敗してるのです。
また、大川氏は演説で「釈量子は安倍晋三の100倍優秀だ!」なんて叫んでいましたが、みっともないにもほどがあります。そもそも100倍ってどうやって計るんでしょうか?
彼らは、日本の政治家のすごさを知らないのです。安倍晋三さんや麻生太郎さんなどは極めて優秀な政治家です。すくなくとも実現党とはプロと小学生くらいの差があるでしょう。
今回の惨敗はまさに「自業自得」です。

0 件のコメント:

コメントを投稿