2012年11月23日金曜日

投稿・大川隆法の本音が垣間見えた時

ヘルメスの霊言で退会を決意した
(紹介)

ある方から、投稿を頂きました。
ヘルメスの霊言を、この方が支部でDVDで見た事がきっかけで、退会をすることにしたといいます。
ヘルメスは大川隆法の魂の一部ということなので、彼の本音を垣間見て、嫌気がさしたということですね。

投稿)

 私が退会を決意したのは、ある霊言がきっかけでした。その霊言を聞いて、この教祖の言っていることを信じることができなくなりました。

 それは、ヘルメス神を紹霊して、たしか家庭を主題とした霊言であったかと記憶しています。

 その中で、ヘルメス神(を紹霊して語る教祖)は、救世活動が進まないことや、教団組織がうまくいかない原因を、弟子達が悪いとし、質問をしている方をだいぶ責めていました。また、「使えない信者が多い。」などという発言に、私は耳を疑いました。「これが本当に九次元霊の発する言葉なのか・・」と。家庭に関する霊言の内容は、ほとんど記憶に残っていませんが、お粗末な内容だったということは、何となく覚えています。

 教祖は、経営に関する書籍で、「社運の99%は社長に責任がある。」ということを書いていました。これらの経営の極意を、教団経営にも生かしているということでしたので、教団組織や活動に関する責任を、弟子や信者のせいにする言葉には、なおさら違和感を感じました。支部の拝聴会が終わった後も、椅子に座ってしばらく呆然としていました。

 幸福の科学で定義されているような九次元霊であったら、このような愛の全く感じられない、かつ責任逃れの発言はされないだろうと思います。もっとも、この霊言自体が本当かどうかの疑いもありますので、これは教祖自身の本音であろうと思います。

 まあ、社運の99%は社長に責任がある、ということは、今の教団の状況を見れば一目瞭然ですから、この書籍は真理を語っていたなと今になって思います。(もっとも、すでに捨ててしまったので、読み返すこともできないのですが・・。)

 この霊言も書籍になっているので、以前平積みになっていた書店に行って、再度内容を確認しようと思ったのですが、すでにコーフク関連の書籍はほとんど撤去されていて、数冊が書棚に申し訳なさそうに残っているだけでしたので、残念ながら確認できませんでした。

退会したのが1年ほど前で、記憶もだいぶ薄れておりますので、記憶に残っている範囲で書きました。もし誤っている記述がありましたら、ご指摘下さい。

<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」を始めました
心理学の専用のブログです。
関心のある方は、下記へアクセスください。
http://tanemura2013.blogspot.jp/
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198


0 件のコメント:

コメントを投稿